新基幹システム「パラダイス3」稼働

2020/01/10  トラスコ中山 株式会社 

機械工具卸売商社のトラスコ中山株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:中山哲也)は、令和2年1月6日に 基幹システムをリニューアルし、「パラダイス3」として稼働いたしました。


【概 要】
新システムのコンセプトは「自動化できる仕事は、システムで全て自動化!」。
販売実績などのデータを起点に、見積業務の自動化、商品の在庫自動化などにより、当社業務の生産性向上、
スピード・精度アップを実現するとともに、販売店様、ユーザー様の利便性の向上を目的としています。
基幹システムリニューアルへの投資総額は約36億円です。

【自動化の「4つの柱」】
1.営業業務  ~自動化・一元化による回答のスピードアップ!~
 1.見積自動化・特価最適化
  在庫品
  受注・見積実績をもとに、定期的に商品の適正価格を自動計算する特価最適化の機能により、
  AIが見積可能と判断したものは、自動で見積回答します。
  取寄せ品
  POLARIO(ポラリオ)で仕入先様と連携し、仕入先様からの取寄品も適正価格で自動回答します。

 2.POLARIO
  仕入先様との業務連携サイト。見積対応や在庫連携、発注処理などのやり取りを一元化、仕入先様の
  利便性向上と回答スピード向上を目指します。

2.コミュニケーション ~新コミュニケーションによる利便性の向上~
 1.MROストッカー
  置き工具×IT究極の即納、リードタイム=0を実現します。モノづくり現場に隣接した場所に専用棚を
  設置し、よく使用されるプロツールを当社の資産として棚に取り揃え、販売店様を通じて販売。
  スマートフォンから在庫管理・利用記帳ができます。
 
 2.T-Rate(トレイト)
  販売店様とのコミュニケーションをより円滑にするためのスマートフォンアプリ。
  チャット機能、タイムライン機能、配送状況確認機能の3つの機能があります。

3.物流機能 ~「今すぐほしい」に応える物流力を強化~
 1.ユーザー様直送の最適な引当
  従来は販売店様の最寄りの物流センターからの出荷でしたが、
  今後は送り先に一番近い当社物流センターを自動選択して出荷します。
  商品が届くまでのリードタイムを最小限に抑えるため、即納サービスに繋がります。

 2.商品自動採用
  販売実績を分析し、在庫化すべき商品を自動で提案・選定・発注します。
  売れ筋商品の自動在庫化により、即納を強化します。

4.管理業務 ~リアルタイムのデータ取得で業務効率化へ~
 1.販売管理費の予実管理
  販売管理費の予実管理を、パラダイス内で集約・管理することで効率化を図ります。

 2.分析レポート
  従来から全社で使用している分析システム「データアナライザー」の機能が向上し、より効率的で
  タイムリーな分析が可能になりました。データの検索性も向上し、分析スピードがアップします。


□■□企業概要□■□
会社名 :トラスコ中山株式会社
所在地 :東京本社  東京都港区新橋四丁目28番1号 トラスコ フィオリートビル
           TEL:03-3433-9830(代表)
     大阪本社  大阪府大阪市西区新町一丁目34番15号 トラスコ グレンチェックビル
           TEL:06-6543-9830(代表)
代表者 :代表取締役社長 中山 哲也
創業  :昭和34年(1959)5月15日
設立  :昭和39年(1964)3月2日
資本金 :50億2,237万円 東証一部上場(証券コード:9830)
売上高 :2,142億97百万円(平成30年(2018)12月期)
経常利益:146億42百万円(平成30年(2018)12月期)
従業員数:2,799名(令和元年(2019)11月末時点、連結)
     (役員12名、社員1,664名、パートタイマー1,123名)
事業所 :国内拠点…96か所(本社2、国内営業拠点68、国内物流拠点26)
     海外拠点…3か所(トラスコナカヤマ タイランド、トラスコナカヤマ インドネシア、ドイツ駐在所
事業内容:プロツール(工場用副資材)の卸売業及び自社ブランドTRUSCOの企画開発を行う。

関連業界

情報・通信業界のニュース