日本ペイントホールディングスグループ主催 国際建築コンペティション「Asia Young Designer Award」2017年度授賞式を開催

2017年12月07日 

日本ペイントホールディングス株式会社(本社:大阪市北区、社長:田堂哲志)は、2017年12月6日、「Asia Young Designer Award(アジアヤングデザイナーアワード)」2017の日本地区最優秀賞者・優秀賞者の授賞式を開催しましたのでお知らせします。



      (写真左より藤原さん、中嶋さん、鈴木さん、山本さん、日本ペイントHD(株)社長田堂)

「Asia Young Designer Award(アジアヤングデザイナーアワード)2017」は、日本ペイントホールディングスグループが、アジア一円で開催している建築デザインの国際コンペティションです。最優秀賞に選ばれた鈴木聖己さん(早稲田大学 4年)に、日本ペイントホールディングス(株)社長 田堂哲志より賞金30万円と国際ワークショップ参加目録が手渡されました。また優秀賞の山本博史さん(大阪工業大学 大学院1年)、中嶋純一さん(大阪市立大学 大学院2年)には賞金5万円が贈られ、3名の健闘を称えました。


授賞式に同席した審査員の一人である建築家 藤原徹平氏によってそれぞれの学生に直接講評が行われました。最優秀賞の鈴木さんの作品について、「課題となっている2030年の未来に対して、リアリティと新しい可能性のバランス感がすごくいいと感じた。縮小社会で都市の役割が変わってくるという点において、"都市内農業"を提案しているが、縮小していくということは拡大していく何かがあり、その拡大していくムーブメントとして農業や新しい土地の使い方を示している提案がおもしろい。
そのことにより、水やまわりの住宅はどうなるのかといった展開を、こちらが考えさせられるような問題提起を含んだプロジェクトであり、ぜひ国際ワークショップの場で、次の展開を見てみたいと感じた。」との講評がありました。また、推薦図書など多岐にわたるアドバイスがあり、鈴木さんも真剣な面持ちで審査員の言葉を受け止めていました。
なお、学生の作品・審査員講評は以下に掲載しています。
▽掲載サイト:http://room-bloom.com/ayda/ayda-2017/ayda-2017-competition-result/


「Asia Young Designer Award(アジアヤングデザイナーアワード)」は、2008年マレーシアでの開催を皮切りに年々参加地域を増やし、アジア全15地域をまたいで、建築・デザインを学ぶ学生を対象に開催しており、今年は10年目の記念イヤーを迎えます。
アジア全地域の学生が同じ課題で競い、地域ごとに審査が行われます。各地域の最優秀者には賞金に加えて、マレーシアで開催される国際ワークショップへの招待が副賞として贈られます。著名建築家からの直接の指導や国や地域をこえた交流の機会が得られ、世界のデザインの状況を肌で感じたい学生の皆さんにとって得難い経験をできる貴重な機会につながると期待しています。
日本では第5回目の開催を迎える本年、日本の審査員には、今最も注目を集める建築家 藤原徹平氏、仲 俊治氏、山雄和真氏の3氏を迎え審査しました。

●同席審査員(略歴)
審査員 藤原氏
藤原 徹平(ふじわら てっぺい)
建築家 横浜国立大学大学院 YGSA准教授
フジワラテッペイアーキテクツラボ 主宰
1975年横浜生まれ。横浜国立大学大学院修了
2001年より隈研吾建築都市設計事務所勤務、同事務所設計室長・パートナーを経て2012年退社。2009年よりフジワラテッペイアーキテクツラボ主宰、2010年よりNPO法人ドリフターズインターナショナル理事、2012年より横浜国立大学 准教授、2013年より宇部ビエンナーレ審査委員
主な建築作品に『等々力の二重円環』『代々木テラス』『葵メディカルアカデミー』など。『那須塩原市 (仮称)まちなか交流センタープロポーザル』で最優秀賞を受賞。


「リリース」に関するお問い合わせ
経営企画本部 IR広報部
部長 持田 由希子
〒531-8511 大阪市北区大淀北2-1-2
電話:06-6455-9140 FAX:06-6455-9270

「ROOMBLOOM」に関するお問い合わせ
事業開発室
室長 中澤 淑子
〒140-8675 東京都品川区南品川4-1-15
電話:03-3740-1197 FAX:03-5479-7442
HP:http://room-bloom.com/

この企業のニュース