「パラランドスケープ“風景”をめぐる想像力の現在」展を開催します

2018年12月06日  三重県庁 

平成30年12月06日

「パラランドスケープ“風景”をめぐる想像力の現在」展を開催します

三重県立美術館では、「パラランドスケープ“風景”をめぐる想像力の現在」展を下記のとおり開催いたします。
SNSやテクノロジーの発展によって、私たちが目にする風景の質は大きく変化しています。それは、新しい認識をもたらす一方で、固有の文化に根差した風景への感受性を均質化し、地域の景観や共同体を破壊しかねない危険性もはらんでいます。いま、眼前の生の風景と緊密な関係を結ぶためには、どのような想像力が有効となるでしょうか。アーティストたちが作るそれぞれの“風景”=パラランドスケープにそのヒントを探ります。
*「Para-」…「~を越えて」あるいは「~とともに」「~にそって」を意味する接頭辞


1 展覧会の概要
(1)展覧会名 「パラランドスケープ “風景”をめぐる想像力の現在」展
(2)会期 平成31年 1月 4日(金)から
平成31年 3月24日(日)まで
(3)会場 三重県立美術館(津市大谷町11番地)
(4)開館時間 9時30分から17時まで(入館は16時30分まで)
(5)休館日 毎週月曜日
※ただし、祝日と重なる月曜日<1月14日、2月11日>は開館し、その翌日の火曜
日<1月15日、2月12日>は閉館します。
(6)観覧料 一般800(600)円・学生600(400)円・高校生以下無料
※( )内は、前売り及び20名以上の団体割引料金
※家庭の日(毎月第3日曜日<1月20日、2月17日、3月17日>)は団体割引料
金となります。
(7)主催 三重県立美術館
(8)助成 公益財団法人花王芸術・科学財団、公益財団法人三重県立美術館協力会

2 会期中のイベント
(1)アーティスト・トーク
出品アーティストが展示室にて、それぞれの作品についてお話します。
日時:1月 6日(日) 14時から 伊藤千帆、稲垣美侑、尾野訓大
2月10日(日) 14時から 徳重道朗、藤原康博
場所:三重県立美術館 企画展示室
要観覧券 申込不要 参加希望の方は当日展示室入口にお集まりください。

(2)ワークショップ「記憶の山をつむぐ」
いつも見ている山、大切な思い出のなかの山、映画で見た山、物語で読んだ想像上の山、
あなたにとって気になる山は何ですか。そのイメージを心に描きながら山の絵を描きます。
最後に参加者が描いた山の稜線をつなげて一つのどこにもない風景を作ります。
日時:1月26日(土)14時から
講師:藤原康博(本展出品作家)
場所:三重県立美術館 美術体験室
対象:小学生以上
参加無料 要申込 定員20名(定員に同伴者を含む。・応募者多数の場合は抽選)
※詳細は美術館のウェブサイトをご覧ください。

(3)春分の日の風景さんぽ
津市出身のアーティストと一緒に津のまちを散歩して、新しい風景の見方、見え方を探し
にいきます。
日時:3月21日(木・祝)13時から
※小雨決行。悪天候の場合の予備日は23日(土)。
講師:片山一葉(津市出身作家)、尾野訓大(本展出品作家)
場所:三重県立美術館とその周辺
対象:小学4年生以上(小学生は保護者同伴)
参加無料 要申込 定員12名(応募者多数の場合は抽選)
※詳細は美術館のウェブサイトをご覧ください。

(4)大人のための美術講座「“風景”のうつりかわり 印象派からインスタグラムまで」
日時:3月10日(日)14時から15時30分まで
講師:貴家映子(三重県立美術館学芸員)
場所:三重県立美術館 講堂
聴講無料 申込不要 定員150名
参加希望の方は当日美術館講堂にお集まりください。

(5)ギャラリー・トーク
本展担当学芸員が展示の見どころを解説します。
2月3日(日)、2月23日(土)、3月16日(土)
いずれも14時から40分程度
場所:三重県立美術館 企画展示室
要観覧券 申込不要 参加希望の方は当日展示室入口にお集まりください。

関連資料

  • 「Para-Landscape“風景”をめぐる想像力の現在」展チラシ(PDF(1MB))

配信企業情報

三重県庁
上場区分 -