旅行先でも「環境」のことを意識している人は60%以上も!「旅行と環境保全についてのアンケート調査」

2019/04/09  株式会社 JTB 

今後、旅行中でも環境のために取り組みたいことは「身の回りのアメニティグッズの持参」という回答がトップ

 JTBは、JTB旅のアンケート「たびQ」(http://www.jtb.co.jp/myjtb/jlabo/)で、「旅行と環境保全について」のWEBアンケートを実施し、調査結果をまとめました。  環境問題により観光地の海が閉鎖になったり、ゴミ問題や自然破壊が進んだりと「旅行」と環境保全も切れない関係になっています。そこで、今回は「旅行と環境保全について」の意識と取り組みについて調査しました。


■旅先で「環境保全」を意識している方は60%以上!
■旅行中に環境保全に気を付けていることや今後取り組みたいことは「歯ブラシやタオルなど身の回りのアメニティグッズの持参」が最多!
■お客様の「あったらいいな」と思うツアーは「エコ活動でポイントや割引が得られるツアー」や「食事の量が選べるツアー」など!
■旅行と環境保全に寄せられた最も多いご意見は「ゴミに関すること(減らす努力/持ち帰りなど)」

Q1:旅行に出かけるとき、旅行中や旅先での環境保全について気にかけていますか?(最も当てはまるものを選択)
■ 約6割以上の方が、旅先での『環境保全』を機にかけている
 「気にしている」「たまに気にすることがある」をあわせて62%となり、多くの方が意識されていることがわかりました。


Q2:(Q1で「気にしている」「たまに気にすることがある」を選んだ方へお伺いします)普段の旅行の中で、過去も含めて環境保全に関連したことで、気を付けていることや、環境保全に関連したツアーに参加することがありますか。(複数回答)
■ 「歯ブラシやタオルなど身の回りのアメニティグッズの持参」が圧倒的1位に
 まずは、身近な活動としてできること「歯ブラシやタオルなど、身の回りのアメニティグッズの持参」が1位という結果になりました。また、「世界自然遺産を訪れるなど、自然保護ツアーを学ぶガイドツアーに参加する」という、行先として選ぶ行動が2位に続いています。

 また、84票あったその他の回答には以下のようなものが上位にランクインしました。ゴミにまつわる意見と同様に、連泊の際のリネンの交換を控えるという声が多く寄せられました。



Q3:今後出かける旅行の中で、自分で取り組みたいと思うことはどのようなことですか?(複数回答)
■今後は環境保全活動に取り組んでみたい!という前向きな意識が高い
 Q2の「今まで取り組んだことがある環境保全活動」と比較をすると、全項目で今後の取り組みについての回答数が多くなりました。
 今までは「アメニティの持参」など身近なことから始めていた人も、実際にツアーに参加したり、寄付をしたりと、新たな取り組みをしてみたいという意欲が伺えます。

 その他の意見としては、Q2同様に「ゴミに関すること」や連泊時の「リネンの交換を控える/清掃を控える」が寄せられました。



Q4:旅行先での食事は旅の大きな魅力の一つですが、食事と環境保全との関連性について、今後はどのような取り組みが必要になると思いますか?(複数回答)
■食品ロス・使い捨て削減、「捨てる」ことを減らす取り組みが上位1位、2位に
 食事の形式の選択制や廃棄食材の肥料への再生利用など「食品ロス削減への取り組み」への関心が圧倒的な1位でした。ただし、2位の「割りばしや使い捨て容器を使わない」という意見も多く、「捨てる」ことを減らす取り組みに対する関心の高まりを反映しているように見えます。

 その他の意見としては、上のグラフ同様に「食べ残しをしない」「地産地消」などが寄せられました。



Q5:旅行会社が企画するツアーの中で、将来こんなツアーや取り組みがあればいいなと思うことはありますか?(自由回答)
■ 一番多かった意見は「エコ活動でポイントや割引が得られるツアー」
 700件を超える意見が寄せられました。類似した回答を分類し、上位5つの意見をまとめてみました。
 一番多かったのは身近に取り組める事象に「ポイントや特典が得られる」というもの。また、食事の適量には個人差があることから、「食べ残し」の発生を減らす観点で、「事前に食事の量が選べるツアー」という意見も集まりました。「環境保全/緑化活動/清掃活動ツアー」、「ゴミ処理施設/リサイクル施設を見学するツアー」といった、環境保全の旅行企画にもご意見が寄せられました。


Q6:旅行と環境保全、旅行とエコ活動などについて、お考え・ご意見をご自由にお聞かせください。(自由回答)
■ 一番多かった意見は「ゴミに関すること(減らす努力/持ち帰りなど)」
 こちらの設問も500件を超える意見が寄せられました。類似した回答を分類し、上位5つの意見をまとめてみました。
 一番多かったのは、目に見える環境保全である「ゴミに関すること(減らす努力/持ち帰りなど)」というもの。またゴミを出さないためにも「持参できるものは、できるだけ持参したい」という積極的なコメントも寄せられました。また、一方で「環境保全は理解するが、旅行と環境保全が結びつかない」という意見や「今後は心がけたい」というご意見も寄せられました。
 気が付いたら結果的に環境保全につながっている、というご要望も少なくなく、「旅行自体が環境保全になっているといい」という旅行企画そのものについてのご意見もありました。


有効回答数:1,660名
調査期間:2019年1月24日~31日
性別:男性 841名 女性:819名
年代別:10代 1名 20代 108名 30代 224名 40代 414名 50代 516名 60代 320名 70代70名 80代以上 5名 不詳 2名
 

他の画像

関連業界