★ 新シリーズ創刊! ★ 音楽家の伝記 はじめに読む1冊 バッハ / ベートーヴェン / クララ・シューマン 3月23日発売

2019/03/15  株式会社 ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス 


             「10歳から読めて、大人にも本物の感動を。」
……そんな気持ちをこめて、このたび新しいシリーズ「音楽家の伝記 はじめに読む1冊」を創刊いたします。歴史上の音楽家について書かれた本は、研究書から子ども向けのものまで数多くあります。けれども、まずは「はじめに読む1冊」として手に取ってほしい、という思いをこのシリーズ名にたくしました。
音楽を理解するには、音楽そのものを聴くのがいちばんです。
けれども、その音楽を創造した人について知ることで、よりいっそう興味をかきたてられたり、バラバラだった知識がつながったり、ときには音楽の聴こえ方まで変わってしまうことがあります。
このシリーズが、そんなきっかけとなれば幸いです。




          カバーイラスト:北澤平祐 / シリーズデザイン: 山田和寛(nipponia)

-このシリーズの特徴-
●小学校5年生以上で習う漢字には、すべてルビをふっています。
●特設ページを介して、本の中に出てくる楽曲を試聴できます!(協力:ナクソス・ジャパン)。
〈特設ページ〉 https://www.ymm.co.jp/feature/denki.php
●また、読書中にその場で試聴できるQRコード付き。
●巻末付録では、著者が選ぶ、おすすめの楽曲リスト「はじめにきく1曲」を紹介。クラシック音楽の入門書としても最適です。
●音楽家の関連地図、人生年表などの付属資料も充実。
●豊富な写真・図版でよりいっそうイメージをかきたてます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


音楽家の伝記 はじめに読む1冊 『バッハ』



【著者】
ひのまどか

【概要】
無知・無理解と戦った、不屈の闘志
児童福祉文化賞を2度受賞し、累計30万部を超える伝説的シリーズ「作曲家の物語」より、増補改訂版として当シリーズに登場!
いまでこそ「音楽の父」と言われるバッハも、生前は人々の無知・無理解に苦しみ、理不尽と戦いぬいた生涯だった――没後、一度は世間から忘れ去られ、後年ある音楽家によってよみがえったバッハにまつわる壮大な歴史を、音楽とともに体感しよう。

【目次】
プロローグ
第1章 セバスティアン、ライプツィヒに行く
第2章 トマス・カントル
第3章 内に太陽、外に嵐
第4章 レオポルト侯との友情
第5章 マタイ受難曲
第6章 エルトマンへの手紙
第7章 ゲスナー来たる!
第8章 最後の戦い
第9章 音楽のささげもの
第10章 巨木の倒れる時


注釈・参考文献
あとがき
バッハの人生と歴史上の出来事
はじめにきく1曲


定価:1,600円(本体価格)+税
仕様:四六判/328ページ
発売日:2019年3月23日
ISBN:978-4-636-96302-1
商品コード:GTB01096302
https://www.ymm.co.jp/p/detail.php?code=GTB01096302
〈試聴ページ〉 https://www.ymm.co.jp/feature/denki/bach.php

★ご予約受付中!
https://www.amazon.co.jp/dp/4636963024/


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


音楽家の伝記 はじめに読む1冊 『ベートーヴェン』



【著者】
ひのまどか

【概要】
“楽聖”ではない、人間ベートーヴェン
児童福祉文化賞を2度受賞し、累計30万部を超える伝説的シリーズ「作曲家の物語」より、増補改訂


版として当シリーズに登場!
「“楽聖”ベートーヴェン」のイメージをくつがえし、ベートーヴェンの人間味あふれる実像に迫った本書。ベートーヴェンの音楽を生み出す原動力ともなった苦悩、葛藤、歓喜、絶望、そして届かぬ愛情……。名曲が生まれた背景が生き生きとよみがえります。

【目次】
プロローグ
第1章 ハイリゲンシュタットの遺書 その一
第2章 ハイリゲンシュタットの遺書 その二
第3章 ナポレオンへの片思い
第4章 熱情の日々
第5章 三人のパトロンたち
第6章 最後の結婚計画
第7章 ゲーテとの会見
第8章 突然父親に
第9章 第九交響曲
第10章 嵐は終わった

注釈・参考文献
あとがき
ベートーヴェンの人生と歴史上の出来事
はじめにきく1曲


定価:1,600円(本体価格)+税
仕様:四六判/324ページ
発売日:2019年3月23日
ISBN:978-4-636-96303-8
商品コード:GTB01096303
https://www.ymm.co.jp/p/detail.php?code=GTB01096303
〈試聴ページ〉 https://www.ymm.co.jp/feature/denki/beethoven.php

★ご予約受付中!
https://www.amazon.co.jp/dp/4636963032/


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


音楽家の伝記 はじめに読む1冊 クララ・シューマン



【著者】
萩谷由喜子

【概要】
世界ではじめての、
ワーキングマザーのピアニスト
今年(2019年)、生誕200年を迎えるクララ・シューマンをご存じでしょうか。
名曲〈トロイメライ〉の作曲者、ロベルト・シューマンの妻として知られるクララ。しかし、クララが先駆的なピアニストであり、後世に多大な業績を残した音楽家であることはあまり知られていません。
当シリーズに、音楽家評伝の名手・萩谷由喜子氏による渾身の書き下ろしが実現しました。「シューマンの妻」という肩書きにはおさまりきらない、クララの壮絶な人生をたんねんに描き出します。


【目次】
プロローグ 母が家を出た日
第1章 父フリードリヒ・ヴィークと母マリアンネ
第2章 ロベルト・シューマンの登場
第3章 クララのキャリアが始まる
第4章 いばらの道
第5章 裁判
第6章 ピアニストと妻のはざまで
第7章 ロベルトの最後の日々
第8章 旅が人生となる
第9章 シューマン家の子どもたち
第10章 たそがれの光の中で

注釈・参考文献
あとがき
クララ・シューマンの人生と歴史上の出来事
はじめにきく1曲


定価:1,600円(本体価格)+税
仕様:四六判/320ページ
発売日:2019年3月23日
ISBN:978-4-636-96304-5
商品コード:GTB01096304
https://www.ymm.co.jp/p/detail.php?code=GTB01096304
〈試聴ページ〉 https://www.ymm.co.jp/feature/denki/claraschumann.php

★ご予約受付中!
https://www.amazon.co.jp/dp/4636963040/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【著者について】
ひのまどか
音楽作家。東京生まれ。東京藝術大学器楽科(ヴァイオリン専攻)卒業。東京ゾリステンほかでヴァイオリニストとして活躍。東京藝術大学、故小泉文夫教授の下で民族音楽を研究。その後、作曲家の伝記や小説、音楽解説などの執筆活動に入る。現地取材がモットーで、「作曲家の物語シリーズ」(リブリオ出版・児童福祉文化賞を2度受賞)は全20巻中、19巻を手がけた。主な著書に『星の国のアリア』(講談社)、『総統のストラディヴァリ』(マガジンハウス)、『戦火のシンフォニー』(新潮社・第25回新日鐵住金音楽賞特別賞)。原案・監修に「学研 音楽まんがシリーズ」などがある。

萩谷 由喜子(はぎや・ゆきこ)
音楽評論家。東京都文京区生まれ。日舞、邦楽とピアノを学び、立教大学卒業後音楽教室を主宰するかたわら
音楽評論を志鳥栄八郎に師事。専門研究分野は、女性音楽史、日本のクラシック音楽受容史。現在『音楽の友』『モーストリー・クラシック』『ハンナ』等の公演評欄を担当するほか各紙誌に執筆。NHKラジオ深夜便等放送番組に随時出演、各地でクラシック音楽講座、レクチャーコンサートの講師を務める。主な著書に『五線譜の薔薇』
『音楽史を彩る女性たち』『幸田姉妹』『田中希代子』(以上ショパン)、『諏訪根自子』(アルファベータ)、『クラシックの作曲家たち』『クラシックのピアニストたち』『クロイツァーの肖像』(以上ヤマハミュージックエンタテインメント
ホールディングス)、宮澤賢治没後80年記念『宮澤賢治の聴いたクラシック』(小学館)、『“蝶々夫人”と日露戦争』(中央公論新社) などがある。ミュージックペンクラブ・ジャパン会員、山田流協会、日本三曲協会会員。


お求めは、全国ヤマハ特約楽器店・書店または弊社オンラインショップ< https://www.ymm.co.jp >まで。

【本商品に関するお問い合わせ】 
(株)ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス 出版部
TEL:03-6894-0250  https://www.ymm.co.jp

他の画像

関連業界