ノイズキャンセリングと防滴性能を両立した『WF-SP700N』などスポーツ向けヘッドホン発売 [ソニー(株)/ソニービデオ&サウンドプロダクツ(株)/ソニーマーケティング(株)]

2018年04月10日 

2018年4月10日
  • 新商品

左右独立型として世界初※1、ノイズキャンセリングと防滴性能(IPX4)※2を両立した『WF-SP700N』
“普段使い“にも調和するスポーツ向けワイヤレスヘッドホン3機種発売

ソニーは、左右独立型として世界で初めて※1ノイズキャンセリングと防滴性能(IPX4)※2を両立した『WF-SP700N』を含む、日常的な使用シーンにも調和するスポーツ向けBluetooth®対応ワイヤレスヘッドホン3機種を発売します。汗や雨、水はねを気にすることなく、スポーツやトレーニングに没頭できる、快適な音楽体験を実現します。

商品名 型名 カラー 発売日 価格
ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット 『WF-SP700N』 ブラック、ピンク
イエロー、ホワイト
4月28日 オープン価格
『WI-SP600N』
ワイヤレスステレオヘッドセット 『WI-SP500』

『WF-SP700N』は、完全ケーブルレスの左右独立型で、スポーツシーンでも心地よく音楽を楽しめる機能を充実させました。ノイズキャンセリングのほか、アンビエントサウンド(外音取り込み)モードにも対応しており、静寂の中で音楽のビートを感じながら運動に集中したい場合や、ランニング時に周囲の状況を把握しながら音楽を楽しみたい場合など、状況に合わせてリスニングスタイルを選べます。ランニング中に急に雨が降ってきた場合でも安心な防滴性能※2も搭載。加えて、より耳のくぼみに合う形状に改善したアークサポーターと、重心の位置を工夫した設計で、激しく動いても外れにくい装着性を実現しました。

『WI-SP600N』は、ビハインドネックスタイルのワイヤレスヘッドホンで、『WF-SP700N』と同様にデジタルノイズキャンセリングとアンビエントサウンド(外音取り込み)モード、防滴性能※2を搭載しました。また、『WI-SP500』は防滴性能※2のある、周囲の音が聞きやすい開放型のビハインドネックスタイルです。

  • ※1:IPX4以上の性能を持つ左右独立型ワイヤレスヘッドホンにおいて。2018年4月10日時点、ソニー調べ。
  • ※2:JIS防水保護等級IPX4とは、あらゆる方向からの飛沫に対して本体性能を保護するものです。

『WF-SP700N』の主な特長

1.左右独立型として世界初※1、ノイズキャンセリングと防滴性能※2を両立

ノイズなどを集音するマイク部分を水滴から保護するためのメッシュ素材を厳選。集音性能も確保しました。さらに、通気部の大きさと形状を最適化したことで、防滴性能※2を持つ左右独立型のボディに、デジタルノイズキャンセリングを世界で初めて※1搭載しました。ヘッドホンに内蔵されたセンサーで、集音したノイズをデジタル化し、DNC(デジタルノイズキャンセリング)ソフトウェアエンジンで騒音を打ち消す効果のある信号を高精度に生成、ノイズを低減します。ケーブルや騒音のわずらわしさを抑えるだけでなく、ランニング中の突然の雨や運動中の汗を気にすることなく使えるため、スポーツやトレーニングのパフォーマンスに没頭できる快適な音楽体験を作り出します。

2.アンビエントサウンド(外音取り込み)モードやアプリで選べるリスニングスタイル

ヘッドホンに内蔵されたマイクで周囲の音を取り込むアンビエントサウンド(外音取り込み)モードに対応。周囲の音を自然に取り込むノーマルモードと、人の声を聞き取りやすくするボイスモードの切り替えが可能です。音楽を聞きながら周囲の人の声にも気づくことができるほか、周囲の音に再生中の音楽が溶け込み、BGM感覚で楽しむこともできます。また、スマートフォン専用アプリ「Sony | Headphones Connect」に対応しているため、アプリ上からノイズキャンセリングのオン/オフ、アンビエントサウンドモードの切り替え、お好きな音質に設定できるイコライザーの調整が可能です。さらに、本体左のノイズキャンセリングボタンを2度押すと、あらかじめ設定しておいたノイズキャンセリング/アンビエントサウンドモードとイコライザーに瞬時に切り替えられる「クイックサウンドセッティング機能」に新たに対応しました。

3. スポーツシーンでも日常生活でも快適な装着性とファッションに調和するデザイン

より耳のくぼみに合う形状に改善したアークサポーターと、重心の位置を工夫した設計で、激しく動いても外れにくい装着性を実現しました。運動時だけでなく、日常生活でとっさに走り出した際などでも安心です。また、スポーツシーンはもちろん普段のファッションにも調和するデザインと4色のカラーバリエーションで、日常的な使用シーンまで幅広く使えます。最大約3時間再生可能な本体を2回分充電(合計最大約9時間使用)できるケースも、本体の色に合わせたスタイリッシュなデザインに仕上げました。

4.その他の機能

  • 圧倒的な重低音を再現するEXTRA BASS(エクストラベース)サウンドに対応。スポーツ時には低音のビートを感じることで、ワークアウトに没頭することができます。
  • 再生ボタンの長押しで、Bluetooth接続したスマートフォンのGoogle アプリ※3やSiri®※4などのボイスアシスタントを呼び出して情報検索や電話発信などの音声操作が可能です。
  • ※3:スマートフォンの仕様やアプリのバージョンにより対応しない場合があります。Googleアプリは、Google LLCの商標です。
  • ※4:Siri®は、Apple Inc.の登録商標です。

『WI-SP600N』の主な特長

ノイズキャンセリングとアンビエントサウンド(外音取り込み)モード、防滴性能※2のビハインドネックスタイル

『WF-SP700N』と同様にデジタルノイズキャンセリング、アンビエントサウンド(外音取り込み)モード、防滴性能※2に対応しました。より耳のくぼみに合う形状に改善したアークサポーターと、重心の位置を工夫した設計で、運動中も快適な高い装着性も実現します。専用アプリ「Sony | Headphones Connect」からアンビエントサウンド(外音取り込み)モードの切り替えやイコライザーの調整、「クイックサウンドセッティング機能」が可能です。最大約6時間の音楽再生ができ、スマートフォンのボイスアシスタントの呼び出しのほか、圧倒的重低音を再現するEXTRA BASSサウンドにも対応しています。

『WI-SP500』の主な特長

防滴性能※2を実現、周囲の音が聞き取りやすい開放型のビハインドネックスタイル

防滴性能※2に加えて、耳の穴を完全にはふさがない開放型で周囲の音が聞き取りやすいため、音楽をBGM感覚で楽しんだり、周囲の状況に気を配りながらトレーニングしたりする際に便利です。耳に合わせた形状と、滑りにくい突起状のイヤーチップを採用したことで、高い装着性を実現しました。最大約8時間の音楽再生ができ、スマートフォンのボイスアシスタントの呼び出しも可能です。

<先行展示のお知らせ>

今回の新商品を、ソニーショールーム/ソニーストア 銀座、ソニーストア 札幌、ソニーストア 名古屋、ソニーストア 大阪、ソニーストア 福岡天神にて、4月11日(水)より展示します。

<主な仕様や詳細に関しては、下記URLからご確認ください。>

  • 注)記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

市場推定価格(消費税を含みません)

ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット
『WF-SP700N』 23,000円前後
『WI-SP600N』 19,000円前後
ワイヤレスステレオヘッドセット
『WI-SP500』』 9,000円前後
  • ※「市場推定価格」は、発売前の製品について、市場での販売価格を当社が推定したものです。
    なお、製品の実際の販売価格は、各販売店により決定されます。

関連情報

お客様からのお問い合わせ

ソニーマーケティング(株) 買い物相談窓口

TEL 0120-777-886(フリーダイヤル)
TEL 050-3754-9555(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間 月~金:9:00~18:00 土日祝:9:00~17:00

この企業のニュース