グループ事業構造改革の実施に関するお知らせ

2018年03月30日  オンキヨー 株式会社 

平成 30 年3月 30 日
各 位
会社名 オ ン キ ヨ ー 株 式 会 社
代 表 者 名 代表取締役社長 大朏宗徳
(JASDAQ・コード6628)
問合せ先 役職・氏名 代表取締役副社長 中野 宏
電話 06-6226-7343

グループ事業構造改革の実施に関するお知らせ

当社は、当社及び当社の完全子会社を当事者とするグループの事業構造改革(以下、「本事業構造改革」といいます。)を実施することといたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。



1.本事業構造改革の目的

当社は、平成 27 年3月2日付でパイオニア株式会社(以下、「パイオニア」といいます。)のパイオニアグループのホームAV事業およびヘッドホン事業を統合し、ホームオーディオ機器(AV機器)の設計、生産においては大幅な効率化を実現、平成 29 年3月度からはAV事業、OEM事業に加え、新たにデジタルライフ事業セグメントを設け、ヘッドホンやハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤー(DAP)等のモバイル機器やAI/IoT分野で近年大きな注目を集めているAI対応スマートスピーカーの開発等に経営資源を投入しております。

しかしながら、オーディオ市場は長年厳しい状況にあり、当社グループがさらなる経営改善、企業価値向上を実現するために、AV事業およびデジタルライフ事業における設計、生産から販売に至るまでのプロセスの最適化や、当社グループの各事業の精査を行い、既存事業の合理化・効率化・最適化とAI/IoT分野をはじめとする新規事業開拓を目的として、経営資源配分の抜本的な見直しを行っております。そしてこのたび、AV事業とデジタルライフ事業の業務統合、今後さらなる事業拡大を見込むB2B事業及び新規事業分野における設計部門の強化を図ることを目的に技術部門の最適化を行うとともにスピーディな意思決定が可能となる、効率的かつ機動性の高い組織体制を構築し、これにともない各子会社の代表取締役を一新いたします。

また、その再編により業務用音響機器事業を行うこととなった子会社を、法人向けのPC、タブレットなどの販売等、業務用機器事業領域における実績とノウハウのある連結外の会社へ譲渡することとし、スリム化された組織体制での収益構造改善につなげます。

OEM事業においては、常にコスト競争力の向上を目指した生産拠点の最適化が事業戦略上の重要な課題となっております。長年その主な生産拠点は中国の工場を中心としておりましたが、さらなる原価低減やコスト削減を目指して、平成 29 年にインド国内に設立した新工場、さらには国内工場を含めた最適化を実施してまいります。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
http://www.jp.onkyo.com/ir/ir_pdf/20180330_JQIR_kaikaku.pdf

配信企業情報

オンキヨー 株式会社JASDAQ
企業ダッシュボード財務情報を見る

住所

大阪府大阪市中央区北浜2-2-22北浜中央ビル MAP
上場区分 JASDAQ

業界