ブルーレイディスクレコーダー新製品 おうちクラウドディーガ 全自動モデル 3機種を発売

2018年04月03日  パナソニック 株式会社 

2018年4月3日

ご好評の「おうちクラウドディーガ」。全自動モデル(※1)がラインナップに追加

ブルーレイディスクレコーダー新製品
おうちクラウドディーガ 全自動モデル(※1) 3機種 を発売

最大10チャンネル×28日分(※2)ぜんぶ自動録画

品名ブルーレイディスクレコーダー
品番DMR-UBX7050DMR-UBX4050DMR-BRX2050
チャンネル録画最大10チャンネル×28日間
ぜんぶ自動録画(※3)
最大6チャンネル×28日間
ぜんぶ自動録画(※3)
最大6チャンネル×16日間
ぜんぶ自動録画(※3)
HDD容量7TB4TB2TB
Ultra HD ブルーレイ再生
メーカー希望小売価格オープン価格
発売日5月18日
月産台数2,000台2,500台10,000台

パナソニック株式会社は、ブルーレイディスクレコーダー「おうちクラウドディーガ」の新モデルとして、全自動モデル(※1)「DMR-UBX7050」「DMR-UBX4050」「DMR-BRX2050」を5月18日より発売します。

「おうちクラウドディーガ」は、録画番組や放送中の番組だけでなく、ディーガにためた写真・動画やCD楽曲などのコンテンツをスマートフォンやタブレットで楽しめる(※4)(※5)(※6)(※7)(※8)と、ご好評いただいており、本シリーズで全自動モデル(※1)も追加し、ラインナップを強化しました。全自動モデル(※1)は、チャンネル録画機能に対応し、録画予約や番組消去の手間がかからずにご使用いただけるだけでなく、本シリーズでは、ゴールデンタイム(地デジ)のドラマを約90日間(※9)おとりおき。さらにドラマに加えてアニメも好きな時間帯を選んで、おとりおきできるようになりました(※10)。例えば、自分用の連続ドラマと子供用のアニメなど用途に合わせてご使用いただけます。また、番組を自動で整理する「新着番組」が進化し、ジャンルごとに「新番組」「特番」をまとめて表示することで、話題になっているドラマの一話目が一覧で表示され、簡単にまとめて見ることができます。

当社は「おうちクラウドディーガ」で、録画番組や放送中の番組だけでなく、音楽や写真・動画をためて、スマートフォンでいつでもどこでもお気に入りのコンテンツをお楽しみいただける新しいAVライフを提案します(※8)

<主な特長>

  1. ご好評の「おうちクラウドディーガ」。全自動モデル(※1)がラインナップに追加
    ・録画番組も写真・動画・音楽も、スマートフォンで楽しめる
    ・離れて暮らす家族に「おうちクラウドディーガ」があれば、大切な写真・動画を送れる
  2. 最大10チャンネル×28日分(※2)自動録画で録り逃しなく、あとから選んで見られる
    ・ドラマを約90日間おとりおき(※9)。さらにアニメもおとりおきできて(※10)、もっと録り逃しなし
  3. 「新着番組」から効率的に楽しい番組に出会える
    ・ジャンルごとに新番組がまとまっているので、話題のドラマの1話目をまとめて見られる
    ・お気に入りリストに自分のよく見る番組や気になるキーワードを登録でき、家族それぞれ番組を探しやすい
    ・音楽CDをリッピングすれば、アーティストの出演番組がまとめて表示される

【お問い合せ先】

ディーガ・オーディオご相談窓口
フリーダイヤル 0120-878-982(9時から18時まで)
  • ※1:「全自動」とは、「チャンネル録画」機能を使って予約なしで複数のチャンネルを同時に自動録画する当社製レコーダーを指します。有料のBS・CS放送でチャンネル録画する場合は、有料放送事業者との視聴契約が必要です。また、データ放送は録画できません。通常録画とチャンネル録画で同じ有料放送の番組を同時に録画する場合、視聴・録画用とチャンネル録画用のB-CASカード2枚ともに契約が必要になります。
  • ※2:DMR-UBX7050の場合。DMR-UBX4050は最大6チャンネル×28日間、DMR-BRX2050は最大6チャンネル×16日間。
  • ※3:【UBX7050】10チャンネルのうち、BS/110度CSは最大5チャンネルまで選択可能。【UBX4050/BRX2050】6チャンネルのうち、BS/110度CSは最大5チャンネルまで選択可能。録画日数は15倍録モードの場合。自動メンテナンス中はチャンネル録画や再生、ダビングなどの一部の機能が使えません。(毎日5分程度)チャンネル録画用のハードディスク容量がいっぱいになると、古い番組から自動で上書き消去します。
  • ※4:スマートフォンアプリ「どこでもディーガ(無料)」のダウンロードが必要です。iOS9.3以降、Android(TM)4.4以降に対応。
  • ※5:保存・再生できる写真はJPEG、動画はMP4となります。
  • ※6:スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」で再生できる音楽データは、AAC形式のみになります。
  • ※7:ネットワーク環境によっては、撮影動画を安定して再生できない場合があります。撮影動画はスマートフォンに持ち出して再生することをおすすめします。
  • ※8:スマートフォンやタブレット、パソコンなどの端末と本シリーズを宅内ネットワークに接続して視聴アプリにて機器登録(ペアリング)が必要です。90日間、宅内ネットワークに接続して使用しなかった場合はペアリング期限の更新が必要です。本シリーズに登録できる端末は最大6台ですが、外出先から同時に視聴できるのは1台のみです。本シリーズの使用状況によっては視聴できない場合があります。本シリーズを日本国内に設置のうえ、私的使用の範囲でお使いください。放送制限により視聴できないチャンネルがあります。ご利用のネットワーク環境により、ファイアウォールや無線ブロードバンドルーターの設定が必要になる場合があります。共用設備などでセキュリティレベルが高く設定されている環境ではご利用になれない場合があります。LTEや3Gの携帯電話回線での宅外視聴では多くのパケットが必要となります。パケット料金にご注意ください。海外で視聴する場合は、上記の他、お使いの端末が各国の規制基準を満たしておらず使用が認められない場合がありますので、端末の仕様と各国の法規をご確認ください。ネットワーク環境によっては視聴できない地域があります。詳しくはサポートページ(http://panasonic.jp/support/av/d_diga/)を参照ください。使用状況によっては視聴できない場合があります。チャンネル録画の追加チャンネルを設定している場合、放送番組は本シリーズが電源オン中または録画中はリモート視聴できません。また、録画番組は本シリーズが電源オン中はリモート視聴できません。
  • ※9:お買い上げ設置設定では、19時~22時台に放送開始するチャンネル録画された地上デジタル放送のドラマが設定されています。おとりおき日数は、お買い上げ設置設定で1日あたり3時間分のドラマを録画した場合の日数です。
    【BRX2050】お買い上げ設置設定では約30日間に設定されています。チャンネル録画設定で約90日間に変更することができます。
  • ※10:チャンネル録画設定でドラマ/アニメのおとりおき時間帯を設定できます。設定したジャンル/時間帯の組み合わせによって、おとりおき日数は変動します。ドラマとアニメを設定した場合、おとりおきできる日数が短くなります。設定できるのは、「ドラマで2つの時間帯」、「アニメで2つの時間帯」、「ドラマとアニメで1つずつの時間帯」のいずれかになります。

【特長】

1. ご好評の「おうちクラウドディーガ」。全自動モデル(※1)がラインナップに追加

「おうちクラウドディーガ」はこれまでのディーガからスマートフォンとの連携機能を大幅に強化し、録画番組の視聴だけでなく、「おうちクラウドディーガ」にためた音楽や写真・動画をスマートフォンでお楽しみいただけるようになりました(※4)(※5)(※6)(※7)(※8)。これらのコンテンツすべてをスマートフォンアプリ「どこでもディーガ」(※4)1つでかんたんに扱えます。

●ディーガとつながるスマートフォンアプリ「どこでもディーガ」(※4)

スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」(※4)1つで、「おうちクラウドディーガ」にためたチャンネル録画番組や録画番組、写真・動画・音楽をすべて扱えるので、お気に入りのコンテンツをいつでもお楽しみいただけます。さらに、スマートフォンで撮影した写真・動画を「おうちクラウドディーガ」に送ることもできるので大切な思い出を家族で共有したり、テレビの大画面で楽しむことができます(※11)

  • ※11:ディーガにためたコンテンツは定期的にブルーレイディスクやUSBハードディスクへバックアップする事をおすすめします。

●外出先からスマートフォンで番組視聴可能。話題のドラマやアニメも番組ニュースから再生・予約

スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」(※4)を使えば、「おうちクラウドディーガ」(※12)の全自動モデル(※1)に録画された10チャンネル×28日分(※2)の番組やリアルタイムの放送の視聴が可能です(※8)。本アプリをインストールしたスマートフォンやタブレット端末を使って家の中だけでなく、外出先からでも番組を視聴でき、その時の通信状況によって画質や通信モードを自由に選べます。また、番組持ち出し機能にも対応しています。加えて、話題のドラマやアニメの番組ニュース(※13)をアプリでお知らせ。記事に関連する番組をその場で視聴や録画予約をすることもできます。

  • ※12:2013年秋以降のモデルに対応。詳しくはサポートページ(http://panasonic.jp/support/av/d_diga/)を参照ください。
  • ※13:番組ニュースのドラマは東京ニュース通信社、アニメはアニメハックより送られてきます。

●「おうちクラウドディーガ」にリッピングしたCD楽曲をスマートフォンで聴ける(※6)

本製品ではリッピングしたCD楽曲をスマートフォンアプリ「どこでもディーガ」(※4)を使ってスマートフォンで聴けるようになりました。
CDリッピング(※14)(※15)する際、「音楽取り込み」設定の「スマホ再生用ファイル(AAC)作成」を「する」にしておけば、宅内だけでなく宅外からもお気に入りのCD楽曲をいつでもストリーミング再生でお楽しみ頂けます。さらに、CDリッピングした音楽をスマートフォンに取り込んで持ち出しもできるので、通信量が気になる場合や通信できない場所で聴きたい場合でも再生することができます。

  • ※14:DMR-UBX7050(最大3TB)の場合はCD約3,500枚分。DMR-UBX4050、BRX2050(最大2TB)の場合はCD約2,300枚分。CD1枚=11曲として算出。
    Gracenote MusicID®に対応して自動でアルバム情報を取得。CDによっては情報を取得できない場合があります。
  • ※15:全自動モデルが写真・動画・音楽データの保存に使用できる内蔵ハードディスクの最大容量は、DMR-UBX7050が最大3TB/DMR-UBX4050が最大2TB(おとりおき機能を“切”・チャンネル録画に追加チャンネル設定をしていない場合)、DMR-BRX2050が最大2TB(チャンネル録画を使用していない場合)です。

●スマートフォンで撮影した写真・動画を「おうちクラウドディーガ」に送れる

スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」(※4)を使えば、スマートフォンで撮影した写真・動画をSNSへアップするのと同じ感覚で自宅の「おうちクラウドディーガ」へ送信することができます(※5)。写真・動画・音楽データは最大合計40,000ファイルまで保存できます(※11)(※16)。保存した写真はスマートフォンでいつでも見られるのはもちろん、リビングの大画面テレビで、家族みんなでお楽しみいただくこともできます(※17)。また、デジカメで撮ったデータもUSB端子経由で「おうちクラウドディーガ」に保存して、スマートフォンやテレビで楽しむことができます。

  • ※16:写真・動画・音楽ファイルの合計が最大40,000まで。また、ファイル共有領域に記録可能なフォルダとファイルの合計は最大60,000まで。
  • ※17:チャンネル録画の追加チャンネルを設定している場合、写真や動画を表示すると追加チャンネルの録画は停止します。(操作を終了すると、チャンネル録画を再開します)

●離れて暮らす家族に「おうちクラウドディーガ」があれば、大切な写真・動画を送れる

スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」(※4)を使えば、スマートフォンで撮影した写真・動画を離れて暮らす家族の「おうちクラウドディーガ」に送ることができます。ディーガの電源が入っている時には、テレビの画面で写真・動画が届いたことをお知らせするので、離れて暮らす家族も写真・動画を大画面で楽しむことができます(※18)

  • ※18:スマートフォンと「おうちクラウドディーガ」をペアリングするには登録番号を相手先に連絡し、登録を承認する必要があります。

●データをメディアにバックアップしておける(※11)

「おうちクラウドディーガ」に保存した音楽や写真・動画をブルーレイディスクや大容量のUSBハードディスク(※19)、SeeQVault規格(※20)のUSBハードディスクにバックアップすることができます(※21)。スマートフォンやデジカメで撮った大切な写真・動画データをブルーレイディスクにバックアップ(※22)したり、ディーガを買い替えた際にUSBハードディスクを使ってデータ移動をしたりなど便利にお使いいただけます。

  • ※19:お使いいただけるUSBハードディスク、SeeQVault対応USBハードディスクは、USB3.0対応またはUSB2.0対応・160GB以上4TB以下。
    USBハードディスクの場合は「写真・音楽用フォーマット」での登録が必要になります。「写真・音楽用フォーマット」をしたUSBハードディスクへは番組の録画やダビングはできません。USBハブはご使用になれません。
  • ※20:対応の機器についてはホームページをご確認ください。(http://panasonic.jp/support/bd/
    ・SeeQVaultとは対応機器間での強固なセキュリティを実現する新たなコンテンツ保護技術の規格であり、放送番組を録画した機器のみでなく、対応ディーガで記録/再生できます。
    ・SeeQVault対応USBハードディスクへの放送番組の直接録画はできません。
  • ※21:SeeQVault対応USBハードディスクの動作確認情報は、(http://panasonic.jp/support/bd/)でご確認ください。
  • ※22:BD-RE/BD-Rにバックアップした動画・音楽を再生するには、本体ハードディスクへの再取り込みが必要です。

2. 最大10チャンネル×28日分(※2)自動録画で録り逃しなく、あとから選んで見られる

●設定したチャンネルをぜんぶ自動録画(※3)するから録画予約や番組消去の手間いらず

本シリーズは指定した複数のチャンネルを録り続け、古い番組を順に自動消去していく「チャンネル録画」機能に対応し、事前の録画予約・見終わった番組の消去などの面倒な作業が必要なく、効率的にテレビ番組を楽しむことができます。UBX7050なら最大10チャンネル×28日間(※2)の番組を自動録画しますので、放送前には知らなかった特番、放送後に世間で話題になった番組、録画予約するほどではないと思っていた番組など、気になる番組をあとから選んで見ることができます。

●ドラマを約90日間おとりおき(※9)。さらにアニメもおとりおきできて(※10)、もっと録り逃しなし

従来シリーズはゴールデンタイム(地デジ)のドラマを最大で約90日間(※9)消去しないように自動で“おとりおき”でき、連続ドラマを放送終了後に最初から見直したりできると好評をいただきました。本シリーズでは、さらにドラマとアニメを、それぞれ時間帯を選んで、自動でおとりおきできるようになりました(※10)。これにより、例えば自分用に朝の連続ドラマと、子供に見せるためのアニメの両方をおとりおきすることができるようになり、生活の利用シーンに合わせて、快適に視聴をお楽しみいただけます。

3. 「新着番組」から効率的に楽しい番組に出会える

●「新着番組」でジャンル別に番組をすぐに探せる

「新着番組」は世間で人気の番組や、自分自身がよく見る番組を自動で整理して表示してくれるので、休日などに録画番組をまとめて見る際に便利です。事前にお気に入りの番組、好きなタレントの名前やキーワードを登録しておけば、その条件に合った番組や番組内の出演シーン・関連シーン(※23)をリストからかんたんに確認することもできます。
新たに、ジャンルの中におとりおきされた番組や新番組などを1つにまとめる事ができるようになり、好みの番組に出会えるように進化しました。

  • ※23:シーンから再生するためには、インターネットの接続およびディモーラへの機器登録が必要です。
    一部機能は有料になります。(ディモーラサービスのご利用には、「CLUB Panasonic」の会員登録(無料)が必要です。)

●家族それぞれ、お気に入りのリストを作成

よく見る番組や気になるキーワードを家族それぞれで設定することができます。(設定数は最大25まで)

●アーティスト関連番組(※24)

音楽CDをリッピング(※14)すると、チャンネル録画番組の中から、そのアーティスト名が含まれる番組を自動でまとめます。大好きなアーティストに関連する番組(※24)をかんたんに探し出すことができます。

  • ※24:アーティスト関連番組の登録数は最大50です。

【その他の特長】

●コミュニケーションアプリ『LINE』で番組を探して、そのまま録画予約(※25)
・CLUB PanasonicのLINE公式アカウントに友だち登録して、気になる番組の検索や録画予約も可能

●ハイコントラストでリアルな明暗と色を表現した美しい映像がお楽しみいただける、次世代のブルーレイディスク規格である「Ultra HD ブルーレイ」の再生に対応(※26)(DMR-UBX7050、UBX4050のみ)

  • ※26:Ultra HD ブルーレイを再生するためには、著作権保護のために、ディスクによっては本シリーズをインターネットに接続していないと再生できない場合があります。4K/HDRで視聴するためには、HDCP2.2、4K/60p/4:4:4、Ultra HDブルーレイ規格のHDR信号に対応する機器や端子に接続してください。また、18Gbps対応のHDMIケーブル(別売)が必要です。
    ・その他、Ultra HD ブルーレイの再生に関する情報は(http://panasonic.jp/support/bd/)でご確認ください。

●当社独自の4K対応エンジン「4Kリアルクロマプロセッサ」で、精度が高く自然な質感と立体感にあふれた4K映像を実現(DMR-UBX7050、UBX4050のみ)

●HDR映像をHDR対応テレビで視聴する場合に、映像の明るさを調整でき、明るいリビングで視聴するときでも、見やすい映像が楽しめる、ダイナミックレンジ調整に対応(DMR-UBX7050、UBX4050のみ)

●HDR映像をHDR非対応テレビで視聴する場合に、高画質の映像をお楽しみいただける、当社独自のダイナミックレンジ変換調整に対応(※27)(DMR-UBX7050、UBX4050のみ)

  • ※27:Ultra HD ブルーレイ規格のHDR信号に対応していないテレビをお使いの場合、ディスクによっては再生できない場合があります。

●「NETFLIX」(※28)、「アクトビラ」(※29)、「Amazonプライム・ビデオ」(※30)、「dTV」(※31)、「デジタル・コンサートホール」(※32)などの4Kインターネット動画に対応(※33)(※34)
(DMR-UBX7050、UBX4050のみ。BRX2050はインターネット動画に対応。)

  • <提供> NETFLIX:Netflix株式会社、アクトビラ:株式会社アクトビラ、Amazonプライム・ビデオ:Amazon.com Int‘l Sales, Inc.、 dTV:株式会社NTTドコモ、デジタル・コンサートホール:Berliner Philharmoniker
  • ※28:Netflix視聴プランのメンバーシップが必要です。詳細については、Netflix公式サイト(https://www.netflix.com/jp/)をご参照ください。
  • ※29:アクトビラについて詳細は(http://actvila.jp/)をご参照ください。
  • ※30:Amazonプライム・ビデオについて詳細は(http://www.amazon.co.jp/primevideo/)をご参照ください。
    Amazon及びAmazonプライム・ビデオロゴはAmazon.com Int’l Sales, Inc.及び関連会社の商標です。
  • ※31:dTVの詳細については、公式サイト(https://video.dmkt-sp.jp)をご参照ください。dTVは株式会社NTTドコモの登録商標です。
  • ※32:デジタル・コンサートホールについて詳細は(https://www.digitalconcerthall.com/ja/home/)をご参照ください。
  • ※33:アプリは提供事業者の都合により、予告なく変更・停止・終了する場合があります。アプリの変更や終了にかかわるいかなる損害、損失に対しても当社は責任を負いません。また、記載内容は発表時点の対応予定であり、一部アプリをご利用の際には後日にディーガ本体のバージョンアップが必要な場合がございます。
  • ※34:アプリのご利用には別途契約が必要な場合があります。

●AV分離出力可能な2系統HDMI出力を搭載(DMR-UBX7050、UBX4050のみ)

●録画番組やBDもハイレゾ相当(※35)の音質で楽しめる、「ハイレゾリマスター」に対応

  • ※35:最大192kHz/24bitまでアップコンバート

●ハイレゾ音源などの音楽ファイル再生に対応

●さらに使いやすい便利機能
・「らくらく設定」で初期設定が簡単
・「おすすめ設定診断」で使用状況に合わせたチャンネル録画の設定を提案してくれる
・チャンネル録画の時間帯や録画モードを詳細にカスタマイズできる
・「テレビ操作ボタン」搭載リモコンだからテレビも操作できる(※36)

  • ※36:接続先のテレビによってテレビ操作対応のボタンが異なります。登録したテレビのリモコンにないボタンは動作しません。また、機種によってはボタンの名称が異なる場合があります。三洋、JVC/ビクター、NEC、富士通ゼネラル、アイワ製のテレビは[テレビ電源]、[テレビ入力切換]、[チャンネルUp/Down]、[音量Up/Down] 以外は対応していません

●4K撮影動画の保存・再生に対応(※37)

●「お部屋ジャンプリンク」で録画番組や放送を家じゅうに2ヶ所(※38)同時配信

  • ※38:追加チャンネルを登録した場合は、2ヶ所同時配信できません。スマートフォンやタブレットへの転送には専用アプリ「どこでもディーガ」が必要です。

(商標について)

  • ●Blu-ray Disc(TM)(ブルーレイディスク)、Blu-ray(TM)(ブルーレイ)、Ultra HD Blu-ray(TM) (Ultra HDブルーレイ)及びその関連のロゴは、ブルーレイディスクアソシエーションの商標です。
  • ●DVDロゴはDVDフォーマットロゴライセンシング株式会社の商標です。
  • ●DTSの特許については、http://patents.dts.comをご参照ください。DTS Licensing Limited からの実施権に基づき製造されています。
    DTS、シンボルマークおよびDTSとシンボルマークとの複合ロゴはDTS, Inc.の登録商標です。DTS 2.0+Digital Out はDTS, Inc.の商標です。© DTS, Inc.無断複写・転載を禁じます。
  • ●Dolby、Dolby Audio、ドルビー及びダブルD記号はドルビーラボラトリーズの商標です。
  • ●SeeQVaultおよびSeeQVaultロゴはNSM Initiatives LLCの商標です。
  • ●HDMI、High-Definition Multimedia Interface、およびHDMIロゴは、米国およびその他の国におけるHDMI Licensing Administrator, Inc.の商標または、登録商標です。
  • ●Apple、Appleのロゴ、iPhone、iPod touch、iTunesは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標または登録商標です。
    iOSは、Apple Inc.のOS名称です。iOSは、米国およびその他の国における Cisco社の商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
  • ●Android は、Google Inc.の登録商標です。
  • ●NETFLIXおよびNETFLIXロゴは、Netflix株式会社の商標です。
  • ●Gracenote、Gracenoteロゴとロゴタイプ、Gracenote MusicID は、米国およびその他の国における Gracenote Inc.の登録商標または商標です。
  • ●ULTRA HD PREMIUM(TM)ロゴはUHD Alliance, Inc.の商標です。
  • ●「LINE」はLINE株式会社の商標または登録商標です。
  • ●その他、本文で記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の商標または登録商標です。なお、本文中ではTM、®マークは一部明記していません。

【仕様】

品番DMR-UBX7050DMR-UBX4050DMR-BRX2050
HDD容量7TB4TB2TB
チューナー数計11チューナー※39
(地上D/BS/110度CS兼用:6、
地上D専用:5)
計7チューナー※39
(地上D/BS/110度CS兼用:6、地上D専用:1)
入出力端子●光デジタル音声出力:1系統
●HDMI映像・音声出力:1系統
●HDMI音声出力:1系統
●HDMI映像・音声出力: 1系統
アンテナ端子地上デジタル入出力端子、BS/110度CSデジタル-IF入出力端子
その他端子●USB2.0端子:前面1系統
●USB3.0端子:後面2系統
●LAN端子:1系統
●USB2.0端子:前面1系統
●USB3.0端子:後面1系統
●LAN端子:1系統
消費電力約55W約43W約33W
待機時消費電力クイックスタート「切」時
時計表示消灯時:約0.15 W(※40)
クイックスタート「入」時
時計表示点灯時:約15.0 W(※41)
(標準モード)
時計表示消灯時:約14.0 W(※42)
(省エネモード)
クイックスタート「切」時
時計表示消灯時:約0.15 W(※40)
クイックスタート「入」時
時計表示点灯時:約13.0 W(※41)
(標準モード)
時計表示消灯時:約12.0 W(※42)
(省エネモード)
クイックスタート「切」時
時計表示消灯時:約0.15 W(※40)
クイックスタート「入」時
時計表示点灯時:約8.0 W(※41)
(標準モード)
時計表示消灯時:約6.5 W(※42)
(省エネモード)
外形寸法幅 430mm幅 430mm幅 430mm
高さ 66mm高さ 66mm高さ 60mm
奥行 239mm (突起部含まず)奥行 239mm (突起部含まず)奥行 199mm (突起部含まず)
質量約4.2kg約2.7kg
  • ※39:BS・110度CSによる4K・8K放送について
    本リリース掲載のブルーレイディスクレコーダーには、2018年から放送予定のBS・110度CSによる4K・8K放送(新4K8K衛星放送)の受信および録画機能は搭載されていません。
  • ※40:クイックスタート「切」/時計表示消灯、地上デジタルアッテネーター:「入」、BS・110度CSデジタルアンテナ電源:「切」、BS・110度CSデジタルアンテナ出力:「切」、無線LAN:未接続、外部接続端子[LAN、USB]:未接続、録画未実行時、リモコンモード:赤外線(UBX7050/UBX4050)の場合。
  • ※41:クイックスタート「入」(標準モード)、時計表示点灯、HDMI出力解像度:1080i、地上デジタルアッテネーター:「入」、BS・110度CSデジタルアンテナ電源:「切」、BS・110度CSデジタルアンテナ出力:「切」、無線LAN:未接続、外部接続端子[LAN、USB]:未接続、録画未実行時、リモコンモード:赤外線(UBX7050/UBX4050)の場合。
  • ※42:クイックスタート「入」(省エネモード)、時計表示消灯、地上デジタルアッテネーター:「入」、BS・110度CSデジタルアンテナ電源:「切」、BS・110度CSデジタルアンテナ出力:「切」、無線LAN:未接続、外部接続端子[LAN、USB]:未接続、録画未実行時、リモコンモード:赤外線(UBX7050/UBX4050)の場合。

以上

他の画像

配信企業情報

パナソニック 株式会社東証1部
企業ダッシュボード財務情報を見る

住所

大阪府門真市門真1006 MAP
上場区分 東証1部

業界