平成30年度越境大気汚染・酸性雨対策検討会の開催について

2018年12月06日  環境省 

平成30年12月6日

大気環境

この記事を印刷

平成30年度越境大気汚染・酸性雨対策検討会の開催について

12月19日(水)に越境大気汚染・酸性雨対策検討会を開催いたします。本検討会では、下記議題について審議を行う予定です。なお、本検討会は公開で行われます。

1.日時

平成30年12月19日(水)10:00~12:00

2.場所

中央合同庁舎第5号館19階 環境省第2・3会議室

(東京都千代田区霞が関1-2-2)

http://www.env.go.jp/annai/map.html

3.議題(予定)

(1)越境大気汚染・酸性雨長期モニタリング報告書(平成25~29年度)について

(2)越境大気汚染・酸性雨長期モニタリング計画の見直しについて

(3)その他

4.公開に関する取扱い

(1)環境省では、環境負荷削減の観点から審議会等の資料のペーパーレス化を行っています。今回の越境大気汚染・酸性雨対策検討会の一部資料につきましても、ペーパーレス化を実施します。ペーパーレス化対象の資料は、平成30年12月18日(火)18時までに本開催案内に係るホームページ(http://www.env.go.jp/press/106234.html)の下方に掲載しますので、当ページに掲載された資料をお持ちのノートパソコン・タブレット等の端末に保存の上、当日御持参いただく等、ペーパーレス化への御協力をお願いいたします。なお、省内には、御利用いただける無線LANのアクセスポイントはございませんので、御了承願います。

(2)傍聴を希望される方は、平成30年12月14日(金)18時(必着)までに、電子メールの件名に「平成30年度越境大気汚染・酸性雨対策検討会の傍聴希望」と明記し、氏名、フリガナ、勤務先、連絡先(電子メールアドレス及び電話番号)及びカメラ撮り希望の有無を記入の上、下記5.連絡・申込先まで電子メールにて御登録ください。

(3)傍聴席に限りがあるため、傍聴希望者が傍聴可能人数(20名程度)を超えた場合には、各社、各団体からの傍聴者を原則1名とする等限定させていただき、抽選といたしますのであらかじめ御了承願います。

(4)傍聴可能者に限り、平成30年12月17日(月)までに返信メールまたは返信FAXをいたします。返信メールまたは返信FAXを当日の「傍聴券」といたしますので、当日は必ず御持参ください。

(5)当日取材を希望される報道関係者につきましても、下記5.連絡・申込先に、平成30年12月14日(金)18時までに事前登録を行ってください。なお、カメラ撮りは冒頭のみとさせていただきます。また、必ず自社腕章を御携帯ください。

(6)中央合同庁舎第5号館に入館する際には本人確認が行われますので、「写真付身分証明書(運転免許証、社員証、パスポート等)」を御持参ください。

(7)傍聴者は、別紙に掲げる事項を遵守してください。遵守されない場合には、御退場いただく場合があります。

5.連絡・申込先

環境省水・大気環境局大気環境課

担当 山田佐代子、山田恵美子

〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2

TEL 03-3581-3351(内線:6539、7575)

FAX 03-3580-7173

電子メール CHOSA_TAIKI@env.go.jp

添付資料

連絡先
越境大気汚染・酸性雨対策検討会事務局
(環境省水・大気環境局大気環境課)
直通 03-5521-8294
代表 03-3581-3351
課長 髙澤 哲也 (内線6530)
課長補佐 上尾 一之 (内線6556)

配信企業情報

環境省
上場区分 -