ピッキオ(長野県・軽井沢町) 人とクマとの共存のために働く犬 ベアドッグの小犬6頭が誕生しました

2018年04月03日  株式会社 星野リゾート 

人とクマとの共存をめざす活動を行う「ピッキオ」にて、ピッキオが飼育するベアドッグ (クマ対策犬)が、2018年3月31日から4月1日かけて、6頭の小犬を出産しました。日本にお けるベアドッグの出産は今回が初めてです。今回生まれた小犬は、5月中旬頃から徐々に訓練 を開始し、2019年5月頃からベアドッグとして本格的な活動を始める予定です。

 

母犬の「タマ」と小犬(2018年4月2日早朝に撮影)

ベアドッグの日本初の繁殖に成功 

ピッキオが飼育するメスのベアドッグ「タマ」が2018年3月31日深夜から4月1日正午すぎに かけて、メス5頭、オス1頭、計6頭の小犬を出産しました。タマはこれが初産であり、日本 におけるベアドッグの出産も今回が初めてです。   

 

プロジェクトの背景 

ピッキオは人とクマとの両立をめざす活動をしています。ベアドッグはクマの匂いを察知し 吠えることでクマを森の奥に追い払うことができる犬で、アメリカでその訓練と活用方法が確 立されました。ピッキオでは2004年よりベアドッグを用いていますが、これまではすべてアメ リカのベアドッグ育成機関Wind River Bear Institute(WRBI)より犬を輸入していました。  ピッキオは、国内でのベアドッグの繁殖をめざし、2017年夏に「ベアドッグ繁殖プロジェク ト」を立ち上げました。本プロジェクトでは、クラウドファンディング等を通して支援を呼び かけ、222人から2,908,000円の支援が寄せられました。寄せられた支援金は、ベアドッグの繁 殖のために必要な小屋の建設や、アメリカからオス犬を招致して交配させる費用に充てられま した。 

 

 

出産の経過と現在の様子 

出産の経過は以下の通りです。専任のスタッフが泊まり込み、夜通しで出産のサポートにあ たりました。いずれも自然分娩でした。前述のWRBIでの平均出産頭数は6頭前後であり、タマ の出産頭数は平均的なものであったと言えます。一方、出産にかかった時間は、やや長めでし た。4頭目の体重が562gあり、かなり大きかったことが関係していると思われます。  4月2日現在、タマは小犬たちから一瞬たりとも離れようとせず、授乳と排泄の世話を続けて います。

 

3月31日  

 22:37   1頭目(メス)を出産

 23:13 2頭目(メス)を出産

 23:23 3頭目(メス)を出産 

 

4月  1日  

 7:11   4頭目(オス)を出産

 10:08 5頭目(メス)を出産

 12:43 6頭目(メス)を出産 

 

1頭目(メス:452g) 

 

2頭目(メス:429g) 

 

3頭目(メス:485g) 

 

4頭目(オス:562g) 

 

5頭目(メス:414g) 

 

6頭目(メス:450g) 

*カッコ内の体重は出生時体重 *上記6点の写真はいずれも4月1日夕方に撮影 

 

今後の予定 

母犬および小犬の健康状態に留意しつつ、6月中下旬頃から、地域の方へのお披露目などを 行い、小犬の訓練を始める予定です。 

 

2018年 6月  アメリカWRBIよりスタッフ来日       

       軽井沢町内の小学校などで社会化訓練         

    7月   ベアドッグとしての訓練開始

2019年 5月  本格始動

 

ピッキオ

「森本来の姿を経済的な価値として高く評価できれば、未来に森を残していける」という理念の下、1998年より 野生動植物の調査およびツキノワグマの保護管理や、自然の不思議を解き明かす自然観察ツアーを行っています。 

〒389-0194長野県軽井沢町星野  TEL 0267-45-7777    http://picchio.co.jp/sp  



他の画像

配信企業情報

株式会社 星野リゾート

住所

長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉2148番地 MAP
上場区分 -

業界