【満員御礼】災害から命を守る~平成30年7月豪雨の教訓~防災講演会のご案内

2019/03/14  岡山県  

本文

【満員御礼】災害から命を守る~平成30年7月豪雨の教訓~防災講演会のご案内

印刷用ページを表示する2019年3月14日更新/危機管理課

講演会概要

岡山県「平成30年7月豪雨」災害検証委員会の委員長でもある河田惠昭氏に、今回の検証結果や過去の災害を振り返りながら、災害情報の収集・伝達に関する課題や、防災意識の高揚や迅速な避難行動につながる情報発信のあり方、災害の教訓を風化させないために発信し続けることの大切さなどについて、ご講演いただきますので、是非ともご参加ください。

講演会チラシ [PDFファイル/1.23MB]

日時

平成31年3月20日(水曜日) 15時00分~16時30分

場所

岡山県医師会館 三木記念ホール
(岡山市北区駅元町19-2)

講師

かわた よしあき
河田 惠昭

関西大学理事・社会安全学部・社会安全研究センター長・特別任命教授(チェアプロフェッサー) 工学博士
阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター長

(略歴)
1974年京都大学大学院工学研究科博士課程修了。工学博士。
1976年京都大学防災研究所助教授を経て、93年教授、96年巨大災害研究センター長。
2002年阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター長(兼務)、2005年防災研究所長、
2007年巨大災害研究センター長、2010年関西大学社会安全学部長、2012年より現職。
京都大学名誉教授。

21世紀Coe拠点形成プログラム「災害学理の解明と防災学の構築」拠点リーダー。
大都市大震災軽減化プログラム(文部科学省)研究代表者。日本自然災害学会および日本災害情報学会会長を歴任。
政府関係では現在、中央防災会議防災対策実行会議委員。

2007年国連Sasakawa防災賞(本邦初受賞)、2009年防災功労者内閣総理大臣表彰、2010年兵庫県社会賞、
2011年和歌山県知事表彰(防災)、2014年兵庫県功労者表彰(県勢高揚功労)、2016年土木学会功績賞、
2017年アカデミア賞、2018年神戸新聞平和賞受賞。

著書:『これからの防災・減災がわかる本』(岩波ジュニア新書)、『スーパー都市災害から生き残る』(新潮社)、
『12歳からの被災者学-阪神・淡路大震災に学ぶ78の知恵』(共著)(NHK出版)、『津波災害』(岩波新書)、
『にげましょう』(共同通信社)、『新時代の企業防災』(中災防)、『日本水没』(朝日新書)、『津波災害(増補版)』(岩波新書)など。

申込み方法

お申し込みは終了しました。

問合せ先

岡山県 危機管理課 防災対策班 Tel: 086-226-7293

〒700-8570 岡山市北区内山下2-4-6

[E-Mail] kouen@pref.okayama.jp

関連情報

岡山県「平成30年7月豪雨」災害検証委員会

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページを見た人は、こんなページも見ています

他の画像