日本貨物航空がB747-400F型の運用で戦略的提携を拡大

2019/01/09  日本郵船 株式会社 

日本貨物航空がB747-400F型の運用で戦略的提携を拡大

2019年1月9日

当社グループの日本貨物航空株式会社(以下NCA)は米国航空会社であるAtlas Air, Inc.
(以下Atlas)と戦略的提携を拡大し、NCAが所有するB747-400型貨物専用機(以下400F)3機のリースアウト契約および航空貨物運送サービス契約を新たに締結しました。

NCAは昨年7月20日に国土交通大臣から受けた行政処分に対する改善措置の一環として、安全な輸送サービス確立のためにB747-8型貨物専用機のみの運航体制とし、自社運航から外した400Fの有効活用策を検討してきました。

NCAは新たに契約した400F 3機のリースアウトを、2019年4月・7月・9月に順次開始します。また、航空貨物運送サービス契約に基づきAtlas運航便での日米間共同運航(コードシェア)等を通じて輸送量を拡大します。

なお、Atlasとの間では既に2機の400Fが同様の契約関係にありますが、この契約を2019年度に契約期間等を更新することで合意しました。これにより、Atlasとの提携で使用する400Fは合計5機になります。

当社グループはAtlasとの戦略的提携を通じて、運航ネットワークの最適化を推進し、今後、三国間輸送サービスの充実を図ります。

<Atlas Air, Inc.>
本社:米国・ニューヨーク
代表者:William J. Flynn
ウェブサイト:www.atlasairworldwide.com (Atlas Air Worldwide Holdings, Inc.)

以上

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。

関連業界