IoT ゲートウェイ製品「OpenBlocks(R) IoT EX1」が NTTコミュニケーションズ「Things Cloud(R)」推奨デバイスに認定

2018年04月02日  ぷらっとホーム 株式会社 

印刷される方はこちら[PDF形式]

2018年4月2日 ぷらっとホーム株式会社

ぷらっとホームのIoTゲートウェイ製品「OpenBlocks® IoT EX1」が
NTTコミュニケーションズ「Things Cloud®」推奨デバイスに選定

2018年4月2日、ぷらっとホーム株式会社(証券コード:東証二部6836、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木友康、以下ぷらっとホーム)は、同社のIoTゲートウェイ製品「OpenBlocks® IoT EX1」がNTTコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:庄司哲也、以下NTT Com)のもつIoT Platform 「Things Cloud®」との通信確認がとれた推奨デバイスとして選定されたことを発表します。本デバイスが選定されたことで、お客様は安心してOpenBlocks® IoT EX1とNTT Com「Things Cloud®」を用いたIoT環境を構築出来ます。

Things Cloud®および推奨デバイス制度について

NTT Comが提供する「Things Cloud®」は、デバイス接続からデータ収集、可視化、分析、管理などIoTの導入に必要な機能・プロセスを、多彩な機能やさまざまなシーンを想定したテンプレートの活用により、ノンプログラミングで簡単・短期間で実現できるIoT Platformです。 また、NTT Comは本日「Things Cloud®」との通信確認が取れたIoTゲートウェイやセンサーデバイスのラインナップを拡充する推奨デバイス制度を定めました。NTT Comが定める「Things Cloud®」との通信試験を通過した機器が推奨デバイスとして選定され、「Things Cloud®」を利用するお客様は推奨デバイスの中からセンサーやIoTゲートウェイなど用途に応じて最適なものを選択し、迅速に安全なIoT環境を構築することが出来ます。

OpenBlocks® IoT EX1について

OpenBlocks® IoT EX1 製品写真

ぷらっとホームが提供する「OpenBlocks® IoT EX1」は、WLANやBTなどの通信デバイスを内蔵し、LTE/3G/BWAなどに対応したIoTゲートウェイ製品です。センサーやビーコンなどのIoTデバイスからのデータ収集機能と、「Things Cloud®」をはじめとする様々なクラウドサービスへのデータ送信機能など、IoTシステム構築に必要な機能を包括的にもつIoT Gateway Firmware 2.xを搭載し、短期間で高信頼なIoTシステム構築を実現する製品です。

関連URL

ぷらっとホームについて

ぷらっとホームはマイクロサーバーの開発製造大手です。1993年の創業よりLinuxサーバーのパイオニアとして、通信やネットワーク分野に自社製コンピュータを供給してきました。手のひらサイズの超小型Linuxサーバー「OpenBlocks®」は、大手通信事業者をはじめ、物流、輸送、金融、エネルギー産業、官公庁など日本の社会インフラを支える様々な領域で採用されており、今後大きく成長すると見込まれるM2MやIoT(Internet of Things: モノのインターネット)でも大きな注目を集めています。

本発表に関するお問合せ先

  • 報道機関からのお問合せ先
    ぷらっとホーム株式会社 製品マーケティング部 星 賢志(ほし けんじ)
    pr@plathome.co.jp
    Tel 03-5213-4373 / Fax 03-3221-0882
  • ユーザー向けのお問合せ先
    ぷらっとホーム株式会社 営業部 竹内 敬呂(たけうち よしろ)
    sales@plathome.co.jp
    Tel 03-5213-4370 / Fax 03-3221-3766

* 外観・仕様・価格等は予告なく変更する場合があります。
* ぷらっとホームおよびPlat’Homeの名称・ロゴは、日本国及びその他の国における、ぷらっとホーム株式会社の登録商標または商標です。
* その他、本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

他の画像

配信企業情報

ぷらっとホーム 株式会社東証2部
企業ダッシュボード財務情報を見る

住所

東京都千代田区九段北4-1-3日本ビルディング九段別館3F MAP
上場区分 東証2部

業界