社会人2,000人に調査、51%が「自分の職業は人工知能に淘汰されない」と回答、「人工知能を味方」だと捉える人も46%

2020/07/06  ディップ 株式会社 

特設サイト「WHAT IS AI?」を公開

ディップ株式会社 (以下当社)の運営する人工知能専門メディアAINOWは、「社会人2,000人に聞いた、人工知能って敵?味方?調査」を実施しましたので、お知らせいたします。また、AINOWで「人工知能とは?」を説明できるようになる特設サイト「WHAT IS AI?」を公開しました。


■本件概要
・社会人2,000人が回答「自分の職業が人工知能(AI)により淘汰されると思うか」、思わないが51%
・社会人2,000人が回答「人工知能(AI)のイメージ、敵か味方か」12%が敵、46%が味方と回答


◆社会人2,000人に「自分の職業が人工知能(AI)により淘汰されると思うか」を聞くと51%が淘汰されないと思うと回答
社会人男女2,000人に「自分の職業が人工知能(AI)により淘汰されると思うか」を聞いたところ、51%が淘汰されないと思う、27%が淘汰されると思うと回答しました。


◆社会人2,000人に「人工知能のイメージは敵か味方か」を聞くと12%が敵、46%が味方と回答
社会人男女2,000人に「人工知能のイメージは敵か味方か」を聞いたところ、12%が敵、46%が味方だとイメージすることが分かりました。

■「人工知能とは?」を説明できるようになる「WHAT IS AI?」特設サイトを公開
「AIって何?」あなたは答えられますか…?AINOWでは「人工知能とは?」説明できるようになる記事3選と一緒に使えるAIの活用事例100以上をまとめた「WHAT IS AI?」を公開しました。
? WHAT IS AI?:https://ainow.ai/what-is-ai/

・当発表を引用・転載される際は 出典(AINOW「社会人2,000人に聞いた、人工知能って敵?味方?調査」)の表記をお願いいたします。

■調査概要
調査設計・分析:ディップ株式会社 DipStartups 小杉倫瑞季(学生インターン)
調査名:「社会人2,000人に聞いた、人工知能って敵?味方?調査」
調査手法:インターネット調査
調査対象:全国の企業に勤める22~60歳の男女
調査実施時期:2020年3月
有効回収数:2,000サンプル

当社概要

「私たちdip は夢とアイデアと情熱で社会を改善する存在となる」の企業理念のもと、"Labor force solution company"をビジョンに掲げ、『労働力の総合商社』として、人材サービス事業とAI・RPA 事業を提供しています。

社名:ディップ株式会社
代表:代表取締役社長 兼CEO 冨田 英揮

本社:東京都港区六本木3-2-1 六本木グランドタワー31F
電話:03-5114-1177(代表)
設立:1997年3月
資本金:1,085百万円 (2020年2月末現在)
従業員数:2,234名(2020年4月1日現在の正社員)※契約・アルバイト・派遣社員除く
事業内容:求人情報サイト「バイトル」「バイトルNEXT」「はたらこねっと」などの運営、看護師転職支援サービス、FAST RPA「コボット」の開発・提供、他
上場証券取引所:東京証券取引所(市場第一部)
売上高:売上高464億円(2020年2月期)
URL:https://www.dip-net.co.jp/
 

他の画像

関連業界