キリン堂グループ約330店舗(※一部店舗除く)新POSレジ導入によりお客様の利便性向上さらに、決済関連業務を短縮し、作業システム改革を推進!

2018年03月05日  株式会社 キリン堂ホールディングス 

(大阪商工記者会にて配布)
2018年3月5日
株式会社キリン堂ホールディングス

キリン堂グループ約330店舗(※一部店舗除く)
POSレジ導入によりお客様の利便性向上
さらに、決済関連業務を短縮し、作業システム改革を推進!


株式会社キリン堂ホールディングスの子会社で、関西を中心に国内360店舗の薬局・ドラッグストアを展開する株式会社キリン堂(本社:大阪市淀川区、社長 寺西豊彦)は2018年3月5日から順次、新POSレジを導入します。(※調剤薬局など一部店舗除く約330店舗)

このたびの新POSレジの導入により、お客さまの利便性のさらなる向上、およびバックオフィス業務の効率化を図り、接客の質を向上させてまいります。

新POSレジの特長と導入による主な改善点は以下の通りです。

①クレジットカードや多様な電子マネーが使用可能、決済もスピーディーに対応

クレジットカード、電子マネーの決済にPOS接続型マルチ決済端末JT-R600CRシリーズ(パナソニック モバイルコミュニケーションズ株式会社製)を導入しました。これにより、非接触IC(電子マネー)、接触IC、磁気カードが1台で決済ができ、また、マルチ決済対応ソフトとしてSoftWareCAT(株式会社ヴィンクス)を導入したことで煩雑な作業が省略され、国際ブランドのクレジットカード、国内電子マネー、Apple Payなどお客さまに求められる様々な決済手段にスピーディーに対応することが可能となりました。

さらに、国際基準のセキュリティ要件に対応した端末で△様々な支払い手段を1台で完了あり、ドラッグストア業界だけでなく流通業全体の中でも、国内最先端のセキュリティの高さが実現され、安心してお買い物をしていただけます。

②お客さまにわかりやすいカスタマーディスプレイの導入

従来、お買い上げ内容はレシートでご確認いただいておりましたが、このたび導入した新POSレジでは、カスタマーディスプレイにお買い上げ内容がお客さまにわかりやすくリアルタイムに表示されます。また、年齢確認や薬剤師による情報提供が必須な第一類医薬品などの医薬品購入時のアラートもディスプレイに表示され、お客様とのよりスムーズなコミュニケーションを図ります。△カスタマーディスプレイが新設された新POSレジ非接触IC 接触IC 磁気カードApple Pay

③接客の質向上につながるバックオフィス業務の効率化

レジオペレーションの簡素化やリアルタイムPOSの導入により精算業務時間などが短縮されるなど、従業員の業務負担改善と効率化を進めます。

今後さらに、充実した情報提供や丁寧な接客を行うことで、お客様の「未病対策」や健康で快適な生活のサポートをしてまいります。

なお、今回の新POSレジ導入には、ハードウェアではシャープマーケティングジャパン株式会社、パナソニックシステムソリューションズジャパン株式会社、ソフトウェアでは株式会社ヴィンクス、決済センタでは株式会社トランザクションメディアネットワークス、アクワイアラとして株式会社ジェーシービー、トヨタファイナンス株式会社にご協力いただきました。

【現金以外でご利用いただける決済手段】

電子マネー(プリペイド型含む)
KiRiCa (キリン堂の電子マネー付きポイントカード。詳細は2018年3月5日のリリースをご参照ください。) WAON、nanaco、 ICOCA (交通系電子マネー)、 QUICPay、 QUICPay +、 iD 、楽天 Edy、au WALLET

クレジットカード等
JCB、VISA、MasterCard、AMEX、Diners、Discover、 銀聯(一部免税店のみ)

*「WAON」はイオン株式会社の登録商標です。
*「nanaco」は株式会社セブン・カードサービスの登録商標です。
*「ICOCA」は西日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。
*「QUICPay」及び「QUICPay+」は株式会社ジェーシービーの登録商標です。
*「iD」は株式会社NTTドコモの登録商標です。
*「楽天Edy」は楽天グループのプリペイド型電子マネーです。

以 上

公式ページ(続き・詳細)はこちら
http://www.kirindo.co.jp/news/180305_topic-1.pdf

他の画像

配信企業情報

株式会社 キリン堂ホールディングス東証1部
企業ダッシュボード財務情報を見る

住所

大阪府大阪市淀川区宮原4-5-36セントラル新大阪ビル4F MAP
上場区分 東証1部

業界