「滋賀県におけるソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)の普及」をテーマに協働プラットフォームを開催します!!

2018年03月06日  滋賀県庁 

公開日:2018年3月6日

「滋賀県におけるソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)の普及」をテーマに協働プラットフォームを開催します!!~参加者の募集~

協働プラットフォームは、テーマに関心のある方ならだれでも参加し、自由に対話や協議を行っていただける場です。今回は、「滋賀県におけるソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)の普及」をテーマに開催します。
テーマに関心のある方は是非ご参加ください!!

※「ソーシャル・インパクト・ボンド(Social Impact Bond)」とは、2010年にイギリスで始まった民間資金を活用した官民連携による社会課題解決の仕組み。

1日時

平成30年3月26日(月曜日)14時00分から16時30分まで

2場所

滋賀県大津合同庁舎7階 7-C会議室(大津市松本一丁目2番1号)

3協働プラットフォームの目的

県民をはじめとする多様な主体の参加の下で、テーマに応じた対話や協議を行い、各主体間で地域課題の把握や共有化を図ることにより、「政策形成段階からの協働」を実践する。

4今回の協働プラットフォームのテーマ

滋賀県におけるソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)の普及

5協働プラットフォームの参加者

(1)テーマの提案者および関係団体10名程度

(2)テーマに興味のある県民、NPO等の多様な主体10名程度(今回の募集対象です。)

(3)コーディネーター1名(課題解決に向けた合意形成のため、中立的な立場で出席者の発言を引き出すとともに、発言内容の集約・整理を行います。)

6募集定員

10名程度(定員を大幅に超えた場合、抽選によりあらかじめ参加者を決定します。)

7参加資格

参加資格は特に設けておりませんが、参加する際には、参加希望書に必要事項を記載していただくとともに、以下のルールを順守して下さい。

・協議を行うテーマについて、課題の抽出を意識して発言すること
・協議を行うテーマについて、目的の共有化を意識して発言すること
・発言された意見は必ず聞くこと
・紋切り型の批判や要求はしないこと
・お互いの立場を理解すること
・決め付けはしないこと

8参加申込および申込締切(郵送、Fax、メール可)

参加を希望される方は、参加希望書に必要事項を記入の上、郵送、Fax、メール等により、3月22日(木曜日)の12時00分までに、滋賀県 県民活動生活課 県民活動・協働推進室あてお申し込みください。事前申込みなしでの参加は、お断りする場合があります。

なお、定員を大幅に超えた場合は、参加いただけない方にのみ、その旨を3月22日(木曜日)17時00分までに県からご連絡いたします。

参加希望書(ワード:19KB)

9問い合わせ先

滋賀県 県民生活部 県民活動生活課 県民活動・協働推進室

〒520-8577大津市京町四丁目1番1号

TEL:077-528-3419 FAX:077-528-4840 E-mail:npo@pref.shiga.lg.jp

詳細は、「協働ネットしが」HP(外部サイトへリンク)をご覧ください。

お問い合わせ

滋賀県県民生活部県民活動生活課県民活動・協働推進室

電話番号:077-528-3419

ファックス番号:077-528-4840

メールアドレス:npo@pref.shiga.lg.jp

配信企業情報

滋賀県庁
上場区分 -