第5次ふじのくにユニバーサルデザイン行動計画を策定しました

2018年04月05日  静岡県庁 


( 平成30年度 )



( 資料提供 )

第5次ふじのくにユニバーサルデザイン行動計画を策定しました


「第5次ふじのくにユニバーサルデザイン行動計画」を策定しました!


    静岡県では、1999年度(平成11年度)に全国で初めてユニバーサルデザインの理念を県政全般に導入してその推進に取り組んできました。
    引き続き、共生社会の実現に向けて、総合的、効果的なユニバーサルデザインの推進を図るため、静岡県の新ビジョン(総合計画)の分野別計画として第5次となる行動計画を策定しました。

1 概要
    (1)名 称 第5次ふじのくにユニバーサルデザイン行動計画
    (2)計画期間 2018年度から2021年度までの4年間
    (3)目 標 すべての人が自由に活動でき、お互いを認め合い、
    思いやりあふれる「美しい“ふじのくに”」づくり
    (4)施策体系

    大柱

    中柱

    1 誰もがお互いに思いやり
      共生する社会づくり〈ハート〉
    (1)一人ひとりが実践できる人づくり
    (2)すべての人の社会参加の促進
    2 誰にも優しく魅力的なサービス・情報や製品の提供〈ソフト〉(1)おもてなしの心あふれるサービス・情報の提供
    (2)利用しやすい行政サービスの提供
    (3)使いやすく魅力あるものづくり
    3 誰もが快適で過ごしやすいまちづくり(ハード)(1)利用しやすく配慮された施設等の整備
    (2)安全で利用しやすい歩行空間や交通機関の整備
    (5)計画の特徴
    ・ラグビーW杯2019、東京2020オリンピック・パラリンピックを本県におけるユニバーサルデザインの推進・発展の機会とし、ハート・ソフト・ハードの3つの分野において取組を推進します。
    ・県民一人ひとりが、障害のある人や高齢者などの様々な特性や考え方の違いを認め合い、相手の立場に立って思いやりある行動ができる「心のユニバーサルデザイン」の醸成を図り、実践できる人材の育成を図ります。

2 外部有識者の助言
    策定にあたり、ふじのくにUD推進委員会(委員長 静岡文化芸術大学・谷川憲司教授)からの助言をいただきました。

3 県民意見提出手続(パブリックコメント)
    県民意見提出手続を平成29年12月18日から平成30年1月19日まで実施し、2名から5件の意見が提出され、これらのうち2件の意見を採用しました。

4 計画の入手方法
県民サービスセンター及び県総合庁舎で閲覧できるほか、県HP(https://www.pref.shizuoka.jp/ud/about/keikaku2018.html)からダウンロードできます。
提供日 2018年4月5日
担 当 くらし・環境部 県民生活局県民生活課
連絡先 協働推進班 TEL 054-221-3153


ページの先頭へ戻る

配信企業情報

静岡県庁
上場区分 -