川内原発のUPZ圏内住民への安定ヨウ素剤の事前配布について

2018年04月02日  鹿児島県庁 

川内原子力発電所のUPZ圏内における安定ヨウ素剤の事前配布について

もしもの原子力災害に備えて、川内原子力発電所のUPZ(おおむね5~30km)圏内にお住まいの方で、障害や病気により緊急時の受け取りが困難であるなど一定の要件に該当し、希望される方に、安定ヨウ素剤を事前配布します。

パンフレット(安定ヨウ素剤事前配布申請書付)(PDF:855KB)

このパンフレットは、平成30年4月中に、UPZ圏内の全世帯に配布します。

安定ヨウ素剤とは?

原子力災害発生時に服用することにより、原子力発電所から放出される放射性物質のうち、放射性ヨウ素による内部被ばくを防止する効果があります。

「安定ヨウ素剤よくある質問」(PDF:61KB)

UPZ(おおむね5~30km)における事前配布とは?

UPZにおいては、安定ヨウ素剤は、原子力災害発生時の避難等が必要な場合に、緊急的に配布することが基本となっています。
このため、県では、UPZ圏内関係市町及び本土内各保健所に,十分な量の安定ヨウ素剤を備蓄しています。
今回の配布は、障害や病気により緊急時の受け取りが困難であるなど、一定の要件に該当し、希望される方に事前配布を行うものです。

一定の要件に該当する方とは?

(1)障害や病気のある方

身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方
障害年金を受給されている方
特定疾患医療受給者証、特定医療費(指定難病)受給者証をお持ちの方
小児慢性特定疾病医療費の受給対象のお子様

(2)高齢者のうち災害時に配慮を要する方

要介護・要支援認定者
一人暮らし、高齢者のみの世帯

(3)乳幼児(未就学児)

(4)(1)~(3)との均衡上、特に認める方

手帳等を有していないが、障害や病気等により、緊急時に配布を受けることが困難な方が該当します。申請の際には、必ず理由を記入してください。

(5)(1)~(4)に該当する方が世帯にいる方

どうやって受け取るの?【申請方法】

事前配布を受けるためには、申請が必要です。申請方法は次のとおりです。

(1)インターネット(パソコン・スマホ等)での申請(電子申請)

「鹿児島県電子申請共同運営システム」から申請できます。次のリンクから申請フォームへ進んでください。

また,スマートフォン,携帯電話の方は,下のQRコードをご利用ください。

申請フォームへ(外部サイトへリンク)

(スマホ用)(携帯用)

(2)申請書(書面)での申請

「安定ヨウ素剤事前配布申請書」に必要事項を記入のうえ、次の提出先(県薬務課)へ、郵送、FAX又は持参で提出してください。なお、市や町では受け付けておりませんので、ご注意ください。

安定ヨウ素剤事前配布申請書(PDF:232KB)

申請書の記入方法(PDF:214KB)

[提出先]鹿児島県くらし保健福祉部薬務課

890-8577鹿児島市鴨池新町10番1号

ファックス099-286-5564

注意)市役所や町役場では受け付けておりませんので、ご注意ください。

申請期限

平成30年5月10日(木曜日)


配布説明会

申請受付後、配布対象となる方へは、配布説明会の開催通知が届きますので、配布説明会に参加し,安定ヨウ素剤をお受け取りください。

(配布説明会は、市町ごとに、5月下旬から8月頃までに順次開催します。)

注意事項

  • 事前配布説明会では、医師からの安定ヨウ素剤の効果や注意事項についての説明を受けた後に、会場で安定ヨウ素剤を受け取っていただきます。
  • ヨウ素過敏症等により服用できないと医師が判断した方には、事前配布はいたしません。
  • 配布された安定ヨウ素剤は個人の責任において管理する必要があります。
  • 安定ヨウ素剤の使用期限は、製造後3年間です。交換時期が近づいた時点で、再び配布説明会に参加し、新しい薬剤と交換する必要があります。

よくあるご質問

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部薬務課

電話番号:099-286-2804

配信企業情報

鹿児島県庁
上場区分 -