Dell EMC、「Windows Server 2019」をプリインストールした 「Dell EMC PowerEdge」サーバーの出荷を開始

2019/02/12  デル 株式会社 

Direct2Dellを検索する
Search for:
送信する
Dell EMC、「Windows Server 2019」をプリインストールした 「Dell EMC PowerEdge」サーバーの出荷を開始

2019年2月12日


デル株式会社


EMCジャパン株式会社



Dell EMC
、「
Windows Server 2019
」をプリインストールした


Dell EMC PowerEdge
」サーバーの出荷を開始
~第14世代「PowerEdge」サーバーファミリー全機種で本日より提供~

2019年2月12日


デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:平手智行、URL:http://www.dell.co.jp/ )と、EMCジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大塚 俊彦、URL:http://japan.emc.com/ ):(以下Dell EMC)は、本日、Windows サーバー世界シェアNo.1である*1
「Dell EMC PowerEdge」サーバー向けに、「Microsoft Windows Server 2019」のDell EMCによるOEMライセンスの販売と、同OSの工場プリインストール版の出荷を開始したことを発表しました。



「Microsoft Windows Server 2019」は、「Microsoft Windows Server 2016」を基盤に、ハイブリッドクラウド環境の提供、ハイパーコンバージド インフラストラクチャ(HCI)対応の強化、セキュリティ、アプリケーション プラットフォームという、4つのテーマにおいて多くの技術革新が盛り込まれています。Dell EMCは、国内出荷台数No.1である2ソケット ラックサーバー*2
をはじめ、ラック、タワー、モジュラー型の「Dell EMC PowerEdge」サーバー計40機種において「Microsoft Windows Server 2019」をフルサポート*3
し、お客様のデジタル トランスフォーメーションを支援します。



「Microsoft Windows Server 2019」のライセンス体系は、従来通り、Datacenter、Standard、Essentialsという3つのエディションで提供します。必要なライセンス数は、DatacenterとStandardエディションはインストールするサーバーの物理CPUコア数、Essentialsエディションは物理CPUソケット数で決まります(DatacenterとStandardエディション向けの追加用コアライセンスも同時販売します)。なお、ユーザーまたはデバイスごとに、クライアント アクセスライセンス(CAL)が必要です。



Windows Server 2019 各エディションの概要

関連業界