いよいよ受験シーズン到来!頑張る子どもに成績アップのご褒美をあげる?あげない? 保護者300名に「成績アップのご褒美」に関する意識調査を実施

2019/01/09  株式会社 ベーシック 

6割以上がご褒美をあげると回答、人気No.1のご褒美は「ゲームソフト」、ご褒美に100,000円以上の家庭も・・・?!

比較メディア「家庭教師・比較くらべ~る」を運営する株式会社ベーシック(本社:東京都千代田区、代表取締役:秋山勝、以下ベーシック)は、同サービス利用者の小学生から高校生のお子様を持つ保護者323人を対象に、「成績アップのご褒美」に関する意識調査を実施しました。


年が明け、いよいよ受験シーズンが到来。毎日机に向かい、テストや模試の結果に一喜一憂する、最後の追い込みの時期となりました。日々勉強を頑張るお子様を応援するため、努力をねぎらうため、もっとやる気を引き出すために「ご褒美」を検討している保護者の方も多いのではないでしょうか?

調査トピックス>>>


6割以上の保護者が、子どもの成績が上がったらご褒美をあげる!子どもとご褒美の約束をする派と約束はしない派、支持が多いのは・・・?
ご褒美の金額や内容を発表!人気No.1のご褒美とは・・・?
家庭教師になってほしい芸能人ランキング発表!男性芸能人1位「林修」さん、女性芸能人1位「菊川怜」さん

◆トピック1
6割以上の保護者が、子どもの成績が上がったらご褒美をあげる!子どもとご褒美の約束をする派と約束はしない派、支持が多いのは・・・?
本調査対象者全員に、子どもの成績が上がったらご褒美をあげるかどうかを尋ねたところ、64.4%が「あげる」と回答しました。定期テストの順位が上がった、模試の結果が良かった、志望校に合格したといったタイミングで、多くの保護者が子どもに何かしらのご褒美をあげていることがわかりました。

また、ご褒美をあげると回答した人に、「定期テストで○位以上だったら△△を買ってあげる」というようなご褒美の約束をするかどうかを尋ねると、75.1%が「約束をする」と回答。
その理由としては、「ご褒美が勉強のモチベーションを上げるきっかけになると思うため」(78.9%)という意見が最も多く、「子どもの勉強を応援している姿勢を示すため」(11.4%)「親子のコミュニケーションの機会を増やすため」(8.2%)と続きました。

一方で、「ご褒美目的に勉強することは本質ではないと思うため」、「ご褒美をもらえなくてもいいと諦めの材料になりうるため」などの理由から、子どものやる気を引き出すきっかけとしてご褒美を活用するのではなく、良い結果が出たときにねぎらいとしてご褒美をあげるという意見もありました。
しかし、75%以上の保護者が子どもとのご褒美の約束に肯定的で、ご褒美による子どものモチベーションや学力の向上を期待していることがわかりました。

◆トピック2
ご褒美の金額や内容を発表!人気No.1のご褒美とは・・・?
6割以上の保護者が子どもにあげている成績アップのご褒美。その金額を聞くと、「5,000円未満」(48.0%)が最も多く、次に「5,000円以上~10,000円未満」(31.1%)、「10,000円以上~30,000円未満」(13.8%)と続く結果になりました。
「5,000円未満」が多かった一方で、なかには「100,000円以上」(2.4%)という回答もあり、難関の志望校への合格など、ここぞというときは値を張ったご褒美を検討している保護者もいました。

ご褒美の具体的な内容としては、「ゲーム」(20.0%)が1位に。次いで、「現金(お小遣い)」(11.0%)、「スマートフォン」(8.1%)が上位となりました。
その他、外食や旅行、テーマパークへのお出かけなどの家族で楽しめる体験や、スポーツ用品や文房具、自転車など学校生活で使えるものをご褒美にしている人も多くみられました。
高額なものでは「海外留学」や「100,000円以上のお小遣い」という回答もあり、子どもが欲しがるものからお小遣い、子どものためになる経験まで、保護者はさまざまなご褒美を検討しているようです。


◆トピック3
家庭教師になってほしい芸能人ランキング発表!男性芸能人1位「林修」さん、女性芸能人1位「菊川怜」さん


「家庭教師になってほしい芸能人」を尋ねたところ、男性芸能人では「林修」さんが1位となりました。理由としては、「論理的にわかりやすく教えてくれそう」、「幅広い分野の知識を持っているから」、「インプットの勉強ではなく、なぜ勉強しなければいけないのかを教えてくれそう」 といった声が寄せられ、塾講師として現役で教育の現場に立ちつつ、バラエティー番組等でマルチに活躍する姿が反映された結果に。
次いで、「高学歴で優しそうだから」、「カッコイイ人に教えてもらうとモチベーションが上がりそう」などの理由で2位に「櫻井翔」さんが、「高学歴で物知りだから」、「落ち着いて丁寧に教えてくれそう」などの理由で3位に「宇治原史規」さんがランクインしました。

また、昨年ドラマで活躍した「ムロツヨシ」さんにも多くの得票が集まり、「勉強以外の人生経験や教養も教えてくれそう」、「子どもが打ち解けて気兼ねなく質問ができそう」など、穏やかでユーモアのある印象が人気の要因となりました。

「家庭教師になってほしい芸能人」女性芸能人の部では「菊川怜」さんが1位となりました。「東大卒で、頭が良いから」、「理系分野にも強いから」、「知識が豊富だから」といった理由が挙げられ、学歴に加え、朝の情報番組やクイズ番組等で活躍していた姿を反映した結果となりました。
2位の「光浦靖子」さんは、「高学歴で、英語も得意だから」、「母親のように優しく教えてくれそうだから」などの理由でランクイン。
3位の「渡辺直美」さんに対しては、「明るく面白い授業をしてくれて勉強が楽しくなりそうだから」「どんなときでもポジティブに接してくれそうだから」「世界観が広いから」といった理由が挙げられました。

集計結果から、現代の保護者が家庭教師に求める素質は、高学歴で頭が良いことはもちろんのこと、楽しく子どもの意欲を引き出すことができる「ユーモアセンス」や、勉強以外のことも教えることのできる「幅広い人生経験」であることがわかりました。

【全体考察】
成績アップのご褒美について、「モノやお金で釣って頑張らせるのは良くないのではないか?」、「ご褒美が勉強の妨げにならないか?」などと悩んでいる保護者の方も少なくないかと思いますが、今回の調査結果から、多くの保護者が子どものモチベーションを上げるため、頑張りをねぎらうために「ご褒美」を実践していることがわかりました。メリハリをつけ継続的に学力が向上するよう、点数によってご褒美の金額の上限を決めたり、ご褒美の頻度を調整したりしている家庭もあるようです。

また、家庭教師になってほしい芸能人ランキングから、保護者が考える理想の家庭教師の要素は「頭の良さ・ユーモアセンス・幅広い人生経験」であり、目先の勉強だけではなく、精神面のサポートや、海外での経験・勉強をする意味を教えてくれるといった子どもが自らの将来像を描けるような指導ができることを求めていることがわかりました。

「家庭教師・比較くらべ~る」はこれからも、家庭教師センターの情報提供を通じて子どもの学力向上や成長を支援していきます。

<調査概要>
調査方法:インターネット調査
調査期間:2018年12月13日~12月22日
調査対象地域:全国
対象者:小学生~高校生のお子様を持つ「家庭教師・比較くらべ~る」会員 323名


【家庭教師・比較くらべ~る】https://kateikyoushi.kuraveil.jp
「家庭教師・比較くらべ~る」は、家庭教師の派遣サービスを提供する家庭教師センターの比較サイトです。子どもの学力や成長にあった家庭教師センターの資料をオンラインで請求できます。

【株式会社ベーシックについて】https://basicinc.jp/
「社会のあらゆる問題を解決する」をミッションに掲げ、Webマーケティング分野とメディア分野でインターネット事業を展開するテクロジーカンパニーです。中小企業が直面するWebマーケティングに関する知識やリソース不足の問題を解決するため、オールインワンマーケティングツール「ferret One」やWebマーケティングメディア「ferret」、フォーム作成管理ツール「formrun」」や、事業会社と生活者のより良いマッチングの機会を提供する「フランチャイズ比較ネット」「留学くらべ~る」等のメディア事業を展開。

■会社概要
社名:株式会社ベーシック
代表取締役:秋山勝
住所:〒102-0082 東京都千代田区一番町17-6 一番町MSビル1F
設立:2004年3月
資本金:3億6,060万円
従業員数:147名(2018年11月末現在)
事業:Webマーケティング事業・メディア事業

他の画像

関連業界

広告・メディア業界のニュース