「第10回ワークライフバランス大賞」で保険業界初の「大賞」を受賞

2018年04月13日 

2018年4月13日

「第1回ワークライフバランス大賞」で保険業界初の「大賞」を受賞

MS&ADインシュアランス グループのあいおいニッセイ同和損害保険株式会社(社長:金杉 恭三)は、(公財)日本生産性本部ワークライフバランス推進会議が主催する「第 10 回 ~働く個人を応援する~ ワークライフバランス大賞」において、保険業界で初めて「大賞」を受賞しました。

この賞は、組織を中心としたワークライフバランスの推進から一歩前進させ、充実した人生を送るという個人の生き方の実現を目指し、実効性ある先進的な取り組みを表彰するものです。

第 10 回目となる今回、当社の取り組みが総合的かつ先進的で、最も優れていると評価されました。5 月11 日(金)にホテルニューオータニで開催される表彰式にて同会議から表彰されます。

当社は、2017 年 3 月から、毎月いずれかの金曜日に 15 時退社することを推奨・推進する「My プレミアムフライデー」の実施や、退社予定時刻等を宣言するための卓上 POP には、丸く黄色いプレ金ロゴマークを印字した 15 時退社宣言プレートを入れ、全社員に配布しています。

さらに、2018 年 2 月から、社員に豊かな休暇を楽しんでもらうため、エンターテイメントやグルメ、ショッピング等様々な生活シーンで利用できる福利厚生サービスの充実を図るなど、ワークライフバランス推進に取り組んでいます。

こうした取り組みにより、労働時間が大幅に減少するとともに、休暇取得平均日数は毎年増加しています。当社は今後も、社員一人ひとりが、やりがいと働きがいを持てるよう、ワークライフバランスの推進や、社員の成長・能力発揮を支える各種施策の推進に取り組んで参ります。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
http://www.aioinissaydowa.co.jp/corporate/about/news/pdf/2018/news_2018041300483.pdf

この企業のニュース