★日管協★IT・シェアリングにより空き地問題の解決を目指す

2018年04月11日  公益財団法人 日本賃貸住宅管理協会 


少子高齢化や人口減少等により、各地で空き家をはじめとした空きスペースが増加している。空きスペースの増加は経済的な不利益を生むだけでなく、人の出入りが無くなり防犯面でも悪影響をもたらす。

一方で、空き地を駐車場に変えて車の時間貸しを行うカーシェアリングや、アパートの空きスペースで自転車シェアリングを行うサービス、ITを用いて遠隔地に1人で住む年配者を見守るといったサービスが登場している。こうした全く新しい概念は、不動産業界との親和性が極めて高い。

(公財)日本賃貸住宅管理協会(千代田区、会長:末永照雄)(以下、日管協という。)は、このような状況を考慮し、4月17日に「IT・シェアリング推進事業者協議会」(以下、協議会という。)を設立し、問題解決に取り組む。

協議会は、空きスペース問題を抱える賃貸管理事業者と、ITやシェアリングにより空きスペースを用いたビジネスを行う事業者との架け橋となり、賃貸管理業界の健全な発展を目指す。

活動内容は、東京と地方で各2回ずつ勉強会や新しいサービス、技術の提供を行うほか、毎年11月に行われている日管協フォーラムでも協議会主催のセミナーを開催する。年会費は1社につき24,000円で、日管協会員であることが入会条件。

<入会申込フォーム及び詳細はこちら>
https://www.jpm.jp/it/


-問い合わせ先-
公益財団法人 日本賃貸住宅管理協会 事務局
〒100-0004
東京都千代田区大手町2-6-1
朝日生命大手町ビル17階
TEL: 03-6265-1555
FAX :03-6265-1556
URL: http://www.jpm.jp
E-Mail : info@jpm.jp

配信企業情報

公益財団法人 日本賃貸住宅管理協会

住所

東京都千代田区大手町2丁目6番1号 MAP
上場区分 -

業界