中国河北省のスキー・スノーボードハーフパイプのジュニア選手団が白馬中学校のスキー教室に参加します

2019/01/11  長野県庁 生活協同組合 

更新日:2019年1月11日

中国河北省のスキー・スノーボードハーフパイプのジュニア選手団が白馬中学校のスキー教室に参加します

長野県(県民文化部)プレスリリース平成31年(2019年)1月11日

「北京冬季オリンピック・パラリンピック交流強化事業」の一環として、中国河北省からスキー・スノーボードハーフパイプのジュニア選手、コーチの計10名が1月7日から1月31日まで来県し、白馬フォーティセブンスキー場を中心に練習を行っています。今回、交流の一環として、河北省ジュニア選手が白馬中学校のスキー教室に参加します。

1 日時

平成31年(2019年)1月17日(木曜日) 午前9時から午後2時35分頃まで

2 会場

エイブル白馬五竜IIMORI(北安曇郡白馬村神城26092)

3 参加者

河北省ジュニア選手(11歳~17歳)9名
白馬中学校 2学年生徒 60名

<参考> 白馬中学校スキー教室 スケジュール

9時00分 開校式
9時10分~11時30分 スキー教室午前の部
11時30分~ 昼食
12時30分~14時30分 スキー教室午後の部
14時35分~ 閉校式

※ 取材を希望される場合は、事前に白馬村教育委員会事務局 生涯学習スポーツ課まで連絡をお願いします。
<連絡先>白馬村 教育委員会事務局 生涯学習スポーツ課 電話:0261-85-072

北京冬季オリンピック・パラリンピック交流強化事業

2022年北京冬季オリンピック・パラリンピックに向けた青少年交流の強化による日中友好の促進と、長野県の魅力をPRすることによる、教育旅行やインバウンドの誘致につなげること等を目的に、中国のジュニア選手の受入れ等を実施します。

関連資料

しあわせ信州創造プラン2.0(長野県総合5か年計画)推進中

担当部署 県民文化部 国際課 国際交流係
担当者 (課長)西澤奈緒樹 (担当)青木英明、辰野聡
電話 026-235-7165(直通)
026-232-0111(代表)内線2805
ファックス 026-232-1644
メール kokusai@pref.nagano.lg.jp