2018年度『11月生まれベビーの名づけトレンド』発表! やっぱり“自然派ネーム”が大人気! 11月は“秋ネーム”が急増 女の子は「楓」が3カ月連続1位、男の子は“一文字ネーム”がトレンド

2018/12/06  株式会社 ベビーカレンダー 

妊娠・出産・子育ての毎日を笑顔にする、ママと専門家をつなげるプラットフォーム企業、株式会社ベビーカレンダー(旧社名:株式会社クックパッドベビー、本社:東京都渋谷区、代表取締役:安田啓司、以下「ベビーカレンダー」)は、2018年11月生まれのお子さん7,930名を対象に、『11月生まれベビーの名づけトレンド』に関する調査を行いました。調査・分析の主なポイントは以下の通りです。


調査結果のサマリー


自然派ネーム人気!女の子「楓」が3カ月連続1位、男の子は“一文字ネーム”がTOP3を独占
名前に「あき」がつく“秋ネーム”が男女ともに増加!季節感を取り入れた名前が好まれる傾向に
「楓」「柊」など生まれた季節を連想する漢字の順位がランクアップ!


11月生まれの赤ちゃんに人気の名前ランキングTOP10


1自然派ネーム人気!女の子「楓」が3カ月連続1位、男の子は“一文字ネーム”がTOP3を独占
 11月生まれの女の子に人気の名前1位は「楓」、2位「美月」、3位「陽葵」という結果でした。11月に発表した「2018年赤ちゃんの名前ランキング」の1位「葵」は18位、2位「凛」は11位でランク外に。3位「結菜」は4位とトップ10入りしました。11月生まれの女の子に人気の名前1位の「楓」は2017年は1位、2018年でも10位と近年大変人気の高い名前です。秋に見頃になる紅葉をイメージする「楓」は、9月、10月に引き続き、3カ月連続で首位をキープしており、秋に特に好まれる名前といえそうです。
注目すべきは2017年60位、2018年55位だった「彩葉」(いろは/あやは)。11月に8位へと人気が急上昇しています。紅葉が彩り豊かに色づくイメージのある「彩葉」は、特に11月に大変多くつけられる名前のようです。また、11月は8位「結衣」以外の名前がすべて、植物や果物、自然を彷彿させる“自然派ネーム”でした。

 11月生まれの男の子に人気の名前1位は「樹」、2位「蓮」、3位「湊」という結果でした。一文字の名前がTOP3を占め、同率8位「新」「律」も加えると、TOP10のうち半数が一文字の名前でした。「2018年赤ちゃんの名前ランキング」でも半数近く一文字の名前がランクインするなど、男の子の名づけでは“一文字ネーム”が定番化してきているようです。また、2017年86位、2018年28位だった「伊織」が、11月に7位へ大きくランクアップしています。
8位の「律」は2017年圏外(100位以下)から、2018年21位になり、今年最も人気が急上昇した男の子の名前です。2018年4月2日から9月29日まで放送された、連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK)に登場するヒロインの幼馴染「萩尾 律」(佐藤 健)の人気が名づけの人気を後押ししたのではないかと思われます。女の子の名前1位「楓」は、男の子の名前でも24位となっており、11月生まれの赤ちゃんの名づけでは男女ともに人気が高まる傾向にあることがわかりました。また、11月生まれの男の子の名前も、「樹」「蓮」「陽翔」といった“自然派ネーム”がランクインする結果となりました。

11月生まれの赤ちゃんに人気の名前のよみランキングTOP10


2.名前に「あき」がつく“秋ネーム”が男女ともに増加!季節感を取り入れた名前が好まれる傾向に 
 女の子のよみランキングは1位「あかり」、2位「ほのか」、3位「ゆい」でした。11月生まれの女の子に人気の名前1位だった「楓」のよみ「かえで」は、「2018年赤ちゃんの名前ランキング」では45位だったものの、11月生まれの女の子のよみでは7位となり、11月に多く使われる名前であることがわかりました。
1位の「あかり」は2017年、2018年ともに2位をキープしている、近年人気のよみのひとつです。11月生まれの女の子には「朱莉」「あかり」「朱里」「陽」の順に多く使われていたほか、二十数種類の名前のバリエーションがありました。今年の傾向でもある二音の名前として「ゆい」「えま」「りん」「ゆあ」と4つのよみがランクインしたことも特徴です。また、名前に「あき」がつく“秋ネーム”は8月生まれでは5人だったのに対し、11月は30人と6倍に増えており、季節感を取り入れた名づけがされていることもわかります。

 男の子のよみランキングは例年人気の名前が並びましたが、人気のよみ3位に、2017年は25位、2018年は23位だった「あきと」がランクインしています。8月生まれでは30人だった「あき」のつく名前が、11月は「あき」「あきひと」「あきら」など83人に増えており、季節ならではの傾向といえそうです。11月生まれの男の子に人気の名前5位「陽翔」は「はると」とよむことが多いものの、11月は「あきと」というよみかたも見られました。

11月生まれの赤ちゃんに人気の名前漢字ランキングTOP10


3.「楓」「柊」など生まれた季節を連想する漢字の順位がランクアップ!
 11月生まれの女の子の名前で使われた漢字TOP10は、「2018年赤ちゃんの名前ランキング」の順位が入れ替わる形となり、1位「奈」、2位「花」、3位「愛」という結果でした。9位「彩」は11月生まれの女の子に人気の名前8位「彩葉」としても使われていたほか、「彩楓」(あやか/さやか)など季節感を取り入れた名前としても使われており、この時期に人気が上がるようです。11月生まれの女の子に人気の名前1位の漢字「楓」は2017年22位、2018年44位でしたが、11月は17位と大きく順位を上げています。女の子の“レトロネーム”に用いられる止め字の代表「子」は25位でした。2015年以降人気の名前TOP10入りを維持し続けている「莉子」にも使用されています。

 11月生まれの男の子に人気の漢字も、1位「翔」、2位「太」、3位「大」と、「2018年赤ちゃんの名前ランキング」のTOP3が入れ替わり、定番の漢字がランクインしています。1位の「翔」は2015年以降4年連続で人気の漢字3位となっています。11月に見頃を迎える「柊」の漢字が、2017年は圏外(100位以下)、2018年70位、11月生まれの男の子に人気の漢字では39位と急上昇しており、「柊(しゅう)」「柊真(とうま/しゅうま)」「柊羽(しゅう)」の順に多く名づけられていました。

 個性的かつ独創的な名前が好まれる風潮があった数年前。その風潮が一転、「2018年赤ちゃんの名前ランキング」の調査結果によると、古風で日本的な美を連想させる“レトロネーム”が多くつけられるようになっています。今回の調査では、11月生まれベビーの名づけは、植物や果物、自然を連想する“自然派ネーム”や、「あき」とよむ“秋ネーム”が増えていること、「楓」や「柊」など季節感のある漢字を使った名前が多いことが分かりました。

<調査概要>
調査対象:株式会社ベビーカレンダーが企画・運営している「ファーストプレゼント」「おぎゃー写真館」のサービスを利用された方
調査期間:2018年11月1日(木)~2018年11月20日(火)
調査件数:7,930件(女の子:3,941件/男の子:3,989件)

「2018年赤ちゃんの名前ランキング」こちら
https://baby-calendar.jp/special/name/2018

<過去の名前ランキング>
■2018年各月の赤ちゃんの名前ランキング一覧
https://baby-calendar.jp/smilenews/tag/1361
■2017年生まれの赤ちゃんの名前ランキング
https://baby-calendar.jp/special/name/2017
■2016年生まれの赤ちゃんの名前ランキング
https://baby-calendar.jp/special/name/2016
■2015年生まれの赤ちゃんの名前ランキング
https://baby-calendar.jp/special/name/2015
■2014年生まれの赤ちゃんの名前ランキング
https://baby-calendar.jp/knowledge/pregnancy/550
■2013年生まれの赤ちゃんの名前ランキング
https://baby-calendar.jp/knowledge/pregnancy/656
■2012年生まれの赤ちゃんの名前ランキング
https://baby-calendar.jp/knowledge/pregnancy/657
■2011年生まれの赤ちゃんの名前ランキング
https://baby-calendar.jp/knowledge/pregnancy/658
■2010年生まれの赤ちゃんの名前ランキング
https://baby-calendar.jp/knowledge/pregnancy/659

<ベビーカレンダーとは>


『ベビーカレンダー』は、月間150万人以上が利用している、医師・専門家監修の妊娠・出産・育児の情報サイトです。妊娠してから赤ちゃんが1歳になるまでの間、赤ちゃんの成長に合わせて、毎日必要な情報をお届けします。またこの度、『ベビーカレンダーアプリ』は第12回キッズデザイン賞の「子どもたちを産み育てやすいデザイン 個人・家庭部門」において、「少子化対策担当大臣賞」を受賞しました。

▼表彰式の様子はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000029931.html

<キッズデザイン賞とは>


キッズデザイン賞は、「子どもたちが安全に暮らす」「子どもたちが感性や創造性豊かに育つ」「子どもを産み育てやすい社会をつくる」ための製品・空間・サービスなどの中から優れた作品を選び、広く社会へ発信することを目的としている顕彰制度です。


<公式SNSからも最新情報更新中!>
Facebook:https://www.facebook.com/babycalendar/
Twitter:https://twitter.com/baby_calendar
Instagram:https://www.instagram.com/babycalendar/

<会社概要>
■社名:株式会社ベビーカレンダー(https://corp.baby-calendar.jp
■本社所在地:〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-38-2 ミヤタビルディング10F
■代表者:代表取締役 安田啓司 ■設立年月日:1991年4月
■主要事業:産婦人科向け事業、メディア事業

他の画像

関連業界

広告・メディア業界の新着ニュース