韓国との国際定期便の2018年冬ダイヤ運航決定について

2018年04月11日 

韓国との国際定期便の2018年冬ダイヤ運航決定について

平成30年 (2018年) 4月 11日

4/12

次のとおり訂正しましたのでお知らせします。

添付ファイル内

(訂正前) 3 昨年度の定期便の運航実績(H29.11.30からH30.3.24)

(訂正後) 3 昨年度の定期便の運航実績(H29.10.30からH30.3.24)

※添付ファイルは訂正後のものになっています

エアソウルによる 山口宇部~ソウル仁川間 の国際定期便について、2018年冬ダイヤでの運航が決定しました。


1 運航期間

平成30年10月29日(月曜日)から平成31年3月30日(土曜日)まで(66往復)

※ 昨年度に引き続き、冬ダイヤの全期間を通じた運航(昨年度と比べ3往復6便の増)


2 運航内容

路 線 : 山口宇部 - ソウル仁川

週3往復(月・水・土)運航

ダイヤ: 山口宇部 16時40分発 ⇒ ソウル仁川 18時10分着(便名 : RS783)

ソウル仁川 14時05分発 ⇒ 山口宇部 15時25分着(便名 : RS784)


3 航空会社

エアソウル(添付ファイル参照)


4 知事コメント

このたび(昨日)、航空会社であるエアソウルにおいて、山口宇部路線については、昨年度に引き続き、10月末から来年3月末までの冬ダイヤの全期間中、運航されることが決定されました。


県では、かねてより、できるだけ早期の決定をエアソウルに強く要請してきたところですが、その成果として、冬ダイヤが始まる半年前の今回のダイヤ決定は、本県が一層の利用促進の取組を進めていく上で大変喜ばしいことと思っています。


県としては、10月末からの運航再開に向けて、山口宇部空港利用促進振興会等と連携しながら、しっかりと準備を進め、更なる路線PRや利用促進キャンペーンの展開など、インバウンド・アウトバウンド両面から取組を強化することで、次期冬ダイヤでの実績を積み上げ、通年運航の実現につなげていきたいと考えています。



添付ファイル

(参考)エアソウル.pdf (PDF : 158KB)


お問い合わせ先

交通政策課 空港利用促進班
Tel:083-933-2522
Fax:083-933-2527
Mail:a11300@pref.yamaguchi.lg.jp

この企業のニュース