奇妙構造+南北放置、21.6MW広島発電所にて安泰ソーラー特種架台設置中

2020/06/05  安泰新エネルギー・ジャパン 株式会社 

当案件は、2018年5月から設計し始め、今年1月に経済産業省に受理されました。その期間中、60回以上の設計案を修正し、ようやく今年の3月から着工開始となり、2021年の3月末まで工事完了する予定です。

広島県に位置している当発電所は、積雪量が100cm以上あって、地表面粗度区分IIとなります。また、架台の強度、パネル最大限放置と工期短縮、以上三点お客様からのご要望に応えるため、当社の営業担当と提携している日本一級建築士が何回も打合せに行ったり、架台のモックアップを行ったり、ソーラーシェアリングから各種形状の野立て架台までいろいろな設計案を試したりして、最後は南北組み合わせ式の特種架台を採用しました。

架台は三角屋根を広げるように並んでいて、工事現場は非常に壮観です。南北ともパネルが設置でき、配置や方位、傾斜角を最適化し、発電量を最大限に向上させます。自社製のアルミ材を採用し、JIS最新基準に従い、25年ほど発電所の長期安定稼働にサポートします。さらに、工場でのプリセットにより、工事時間が一層短縮し、優れたコストパフォーマンスと高効率施工のニーズを完璧に満たします。

2011年から日本市場に進出して以来、高品質かつ経験豊富の安泰ソーラーはいつも好評をされています。2019年まで、架台累計出荷量は4.55GWとなり、日本市場に一席を占め、また、支社と物流センター設立により、現地サービスを深化していき、日本での事業が徐々に拡大していきます。

安泰ソーラーは今後も、便利・高安定性・革新的な架台解決案が提供できるよう力を注いでいきます。良質の製品とサービスにより、発電所の収益を保障し、顧客の利益を作ります。

関連業界

関連キーワード