ドイツPreh社に対する触覚伝達技術についての特許侵害訴訟の提起

2018年04月06日 

ニュースリリース

2018年

2018年04月06日

ドイツPreh社に対する触覚伝達技術についての特許侵害訴訟の提起

2018年04月06日 NEW

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:谷本 秀夫)は、ドイツの自動車部品メーカーPreh(プレー) GmbH(以下、Preh社)に対して、触覚伝達技術「HAPTIVITY®(ハプティビティ)」関連の当社特許(欧州特許 EP 2 461 233 B1)を侵害しているとして、4月5日(ドイツ現地時間)、ドイツのデュッセルドルフ地方裁判所に特許侵害訴訟を提起しました。

当社は、これまでPreh社に対し、同社が製造 · 販売する車載向けマルチメディアインターフェース(MMI)“All-in-Touch”ユニットにおける京セラ特許の使用に対するライセンス契約の締結を要求してまいりました。 しかしながら、現在でもPreh社とのライセンス契約は締結に至っておりません。 このような状況から、これ以上の交渉による解決は困難と判断し、やむなく今回の訴訟提起に至りました。

京セラは、2008年に触覚伝達技術「HAPTIVITY®」の研究開発を始めて以来、さまざまな技術革新を図ってまいりました。 その中で考案した独自のバーチャルリアリティ技術により、リアルで多彩な触感を再現し、これまで国内外の展示会に出展し紹介するとともに、本技術の特許を各国にて取得いたしました。

当社は、この触覚伝達技術「HAPTIVITY®」を、車載機器、産業機器など幅広い用途にて実用化するために、自社で利用するだけでなく他社へのライセンス提供についても積極的に展開したいと考えます。 また、京セラは、知的財産権を重要な経営資源と位置付けており、当社の知的財産権が侵害されたと判断した場合は、今後も毅然とした態度で臨んでまいります。

※「HAPTIVITY」は、京セラ株式会社の登録商標です。

この企業のニュース