「OPEN COUNTRY」がアジアンラリーで5連覇

2019/08/22  TOYO TIRE 株式会社 

2019.08.22

「OPEN COUNTRY」がアジアンラリーで5連覇 「OPEN COUNTRY M/T」装着車がワン・ツー・フィニッシュ

TOYO TIRE株式会社(本社:兵庫県伊丹市、社長:清水隆史)は、去る8月10日(土)から16日(金)に開催された「第24回アジアクロスカントリーラリー(AXCR、通称「アジアンラリー」)2019」において、当社よりSUV用タイヤ「OPEN COUNTRY M/T」を供給したサポート選手が総合優勝(AUTO部門)しましたのでお知らせいたします。なお、2015年から本年まで、AXCRの単独優勝車両にて、5年連続で当タイヤが装着されており、「OPEN COUNTRY M/T」は、これら過酷なチャレンジを支える本格派オフロードタイヤとして5連覇を果たしたことになります。

(左:優勝したNatthaphon Angritthanon選手チーム、右:走行の様子)

AXCRは、国際自動車連盟(FIA)公認のクロスカントリーラリーで、ダカール・ラリーと同格のアジア最大の国際ラリー大会です。24 回目を迎えた本大会では、タイ王国のパタヤをスタートし、隣国ミャンマー連邦共和国の新首都ネピドーに至る約2,200kmを駆け抜けました。

悪路走破性はもちろんのこと、ブレーキ性能やトラクション性能、耐外傷性といった本格的なオフロード走行を可能にする高いタイヤ性能が求められるなか、OPEN COUNTRY M/T(タイヤサイズ:LT235/85 R16)を装着したNatthaphon Angritthanon(ナタポン・アングリッツァノン)選手チームがAUTO部門で総合優勝を飾り、王座を堅守しました。また今回、「FLEX SHOW AIKAWA Racing with TOYO TIRES※1」チーム車両(OPEN COUNTRY M/T装着)の選手として特別参画した、当社契約ドライバー・川畑真人もラリー初参戦ながら見事完走を果たし、総合14位・クラス※22位を獲得しました。さらには、ジムニー向け新商品「OPEN COUNTRY M/T-R」(本年7月1日発売開始)を装着したジムニーチームも、総合15位・クラス3位と大健闘しました。「OPEN COUNTRY M/T」装着車両7台(うち当社サポート車5台)が上位15位内にランクインし、いかんなく発揮されたタイヤ性能が多くの選手の走りを支えました。
※1 俳優・哀川翔さんが監督を務めるチーム
※2 改造クロスカントリー車両 ガソリンエンジンクラス

■OPEN COUNTRYシリーズ
当社は、世界で最も過酷なオフロードレースといわれる「BAJA 1000」をはじめ、国際的に認められたレースなどに継続的に参戦、制覇してきた実力と実績を蓄積しつつ、ピックアップトラック/SUV/CUV 用タイヤに求められる耐久性能や耐外傷性を高い次元で磨いてきました。これら高い基本性能にアグレッシブなパターンデザインを両立させた「OPEN COUNTRY」シリーズは、特に大型SUV 車両の普及が抜きんで高い米国で高く評価、支持されているタイヤブランドです。

■OPEN COUNTRY M/T
「M/T」がMud Terrainを示すとおり、OPEN COUNTRY M/Tは不整地や泥濘地などあらゆる路面をも走破できるパフォーマンスと耐久性を有する本格的オフロード向けSUV/CCV用タイヤです。アグレッシブ、かつ機能的なトレッドデザインは悪路走破性のみならず、トラクション性能やブレーキ性能の向上に寄与し、タイヤ構造はオフロードレースでのノウハウを生かした、耐外傷性の高いタフネス構造となっています。

■OPEN COUNTRY M/T-R
本年7月1日より国内で販売を開始した「OPEN COUNTRY M/T-R」(タイヤサイズ:195R16C 104/102Q)は、北米で評価されている本格的オフロード向けピックアップトラック/SUV用タイヤ「OPEN COUNTRY M/T」をレース用にチューンアップしたタイヤです。ダート路面をはじめとするオフロード走行において実力を発揮するよう設計されており、対外傷性、トラクション性が向上しています。

(左:FLEX SHOW AIKAWA Racing with TOYO TIRES走行の様子、右:ラリー初参戦の川畑選手)

今後も、当社は「本物の走り」を支えるより付加価値の高いSUV用タイヤをお客様へお届けしてまいります。

以 上

【本件に関するお問合せ先】
TOYO TIRE株式会社 コーポレートコミュニケーション部
(本社) TEL:072-789-9110 FAX:072-773-3272
(東京) TEL:03-5822-6621 FAX:03-3865-2240

プレスリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

他の画像

関連業界

情報・通信業界のニュース