<平成30年7月豪雨関連>土砂災害により甚大な被害が発生した広島県において新たに緊急的な砂防工事を実施します

2018年08月10日  国土交通省 

<平成30年7月豪雨関連>
土砂災害により甚大な被害が発生した広島県において新たに緊急的な砂防工事を実施します

平成30年8月10日

国土交通省では、平成30年7月豪雨で甚大な被害を受けた箇所において、広島県知事からの要望を受け、直轄砂防事業区域内に加え、区域外の被災箇所についても、直轄砂防災害関連緊急事業※1により速やかに砂防堰堤等の整備に着手することとしました。 さらに、広島県は二次災害の危険のある岩・土砂への対応として、災害関連緊急砂防事業※2に着手します。

豪雨の被災地域においては、渓流上流部に不安定な状態で堆積している土砂等が残存していることから、
「平成30年7月豪雨 生活・生業再建支援パッケージ」(平成30年8月2日 平成30年7月豪雨被災者生活支援
チーム決定)として、国土交通省及び関係府県により、今後の降雨等に備えた二次災害の防止を図ることと
しています。

(国土交通省による事業)
【実施箇所】
広島県広島市、呉市及び安芸郡坂町 の9地区
【実施内容】
砂防堰堤工、強靱ワイヤーネット工 等

(広島県による事業)
【実施箇所】
広島県安芸郡熊野(くまの)町(川角(かわすみ)地区)、海田(かいた)町(畝(うね)地区) の2地区
【実施内容】
砂防堰堤工、強靱ワイヤーネット工 等

上記以外の箇所についても準備が整い次第、順次事業の着手についてお知らせして参ります。
事業実施箇所の詳細については、こちらをご覧ください。
http://www.mlit.go.jp/river/sabo/jirei/h30dosha/h30dosha.html

※1:砂防法第6条により国土交通大臣が砂防工事を施工する区域(当該年度において緊急的に砂防工事を施工するため、
砂防法第6条の告示をする区域を含む)において、風水害、震災、火山活動等による土砂崩壊等危険な状況に緊急に
対処するための砂防設備の設置等を行う事業
※2:風水害、震災、火山活動等による土砂崩壊等危険な状況に緊急に対処するための砂防設備の設置を行う補助事業

添付資料

報道発表資料(PDF形式)

お問い合わせ先

【事業全般に関すること】
国土交通省 水管理・国土保全局 砂防部保全課 企画専門官 岩男 忠明
TEL:03(5253)8111 (内線36222) 直通 03(5253)8470 FAX:03(5253)1611
【県事業に関すること】
国土交通省 水管理・国土保全局 砂防部保全課 課長補佐 鈴木 啓介
TEL:03(5253)8111 (内線36232) 直通 03(5253)8470 FAX:03(5253)1611
【直轄工事に関すること】
国土交通省 中国地方整備局 河川部 河川保全管理官 武部 真実、 建設専門官 國時 正博
TEL:082(221)9231 (内線3519、3616) 直通 082(511)6209 FAX:082(228)9424

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
左のアイコンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロードしてください(無償)。
Acrobat Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合はこちらをご覧ください。

配信企業情報

国土交通省
上場区分 -