アデコ、「東京セカンドキャリア塾 事業」を受託

2018年08月10日  アデコ 株式会社 

- 都内在住又は在勤の65歳以上を対象に、セカンドキャリアを醸成する講座を無料で提供-

アデコは、東京都による「東京セカンドキャリア塾」 事業の実施事業者に選定され、2018年10月より都内在住又は在職の65歳以上の方を対象に『東京セカンドキャリア塾』を開講いたします。


世界最大※1の人財サービス会社であるアデコグループの日本法人で、総合人事・人財サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川崎健一郎、以下「アデコ」)は、この度、東京都による「東京セカンドキャリア塾」 事業の実施事業者に選定されました。これに伴い、2018年10月より都内在住又は在職の65歳以上の方を対象に『東京セカンドキャリア塾』を開講いたします。

【東京セカンドキャリア塾】http://www.biz-senior.tokyo/school/

東京都は、超高齢化社会に対応するため、シニア層が活躍できる場を拡充し、働く人々が就業を通じてスキルと経験値を広げることで、生涯にわたり生きがいをもちながら活躍できる社会の創出を目指しています。
その施策の一環として、自身のスキルや経験を活かして、セカンドキャリアを見つけるための新たな学習の場として『東京セカンドキャリア塾』を企画・運営いたします。同塾は、東京都内に2つの会場を設置し、2018年10月から2019年3月までの半年間、アデコが策定した独自のカリキュラムをもとにグループワークや課外活動を取り入れた参加型の講座を開講します。

アデコがシニア層を対象に行った調査※2において「今後働きたいと思うか」を質問したところ、「働きたいと思っていない」という回答者が67%と、現段階で労働意欲が高くないという結果がわかりました。しかし、「条件によっては働きたい」と回答した人が約3割おり、働く理由としては「社会とのつながり」を重視する傾向があることがわかっています。これらの調査結果から、本塾では新たな知識や仲間とともに学び合える喜びを通じて、社会参加への意識や価値観の変革を促し、自身の強みを活かして再び活躍するイメージを具現化することで、就労や社会貢献への意欲の醸成を促進してまいります。

アデコは人財サービスのグローバルリーダーとして、すべての働く方々のキャリア開発支援を重要な課題と捉えています。長年にわたり培ってきた就職支援のノウハウを最大限に生かし、今後も求職者の就業およびキャリア向上の支援を通じて、東京都内の経済の活性化へ貢献してまいります。

*1: Staffing Industry Analysts 2017、人財サービス企業売上ランキングより
*2:都内在住の65歳以上、500名を対象としたインターネット調査(実施期間:2018年6月7~8日)
東京セカンドキャリア塾ロゴマーク

– 「東京セカンドキャリア塾」 事業概要 –
開講期間:2018年10月上旬から2019年3月末日


講座内容:全43講座
【主な講座内容】
 SNSの活用、ICTの活用、コミュニケーション術、等
【その他】
・ 企業見学
・ 就業支援
・ 課外活動

講座場所: 文京校舎 住所:東京都文京区大塚3-29-1(最寄駅:東京メトロ丸の内線/茗荷谷駅)
     立川校舎 住所:東京都立川市曙町2-10-1(最寄駅:JR中央本線、南武線、青梅線/立川駅)
定員:  文京校舎  50 名(25 名×2クラス)/立川校舎  50 名(25 名×2クラス)
     *面談等の選考により受講者を決定いたします。
費用:無料
詳細:http://www.biz-senior.tokyo/school/

他の画像

配信企業情報

アデコ 株式会社

住所

東京都千代田区霞が関3-7-1霞が関東急ビル MAP
上場区分 -

業界