大江戸温泉物語 ホテル木曽路 2018年8月1日グランドオープン

2018年05月16日 

温泉、グルメ、大自然を満喫できる 客室を新設、レストラン会場などをリニューアル 5月16日予約開始

大江戸温泉物語グループ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:森田満昌、以下大江戸温泉物語)は、本年2018年4月に取得したホテルをリニューアルし「大江戸温泉物語 ホテル木曽路」(長野県木曽郡南木曽町)として2018年8月1日(水)にグランドオープン、5月16日(水)に予約開始いたします。


「ホテル木曽路」を含め全国で35カ所*の温泉宿・温泉テーマパークを運営する大江戸温泉物語は、より多くのお客様に、年に何度でも気軽に楽しんでいただける料金で温泉とグルメを満喫していただきたいと考えます。
*大阪府にある宿泊施設「箕面観光ホテル」と温浴施設「箕面スパーガーデン」を1施設としてカウント

【リニューアルの特長】

木曽の山々に囲まれた自然豊かなロケーションに位置する既存施設を最大限活用し、内装は木曽エリアならではの木の質感を随所に感じられるデザインにリニューアル。和と洋が調和した落ち着いた雰囲気に
大江戸温泉物語流のバイキング料理を提供するため、レストラン会場を一新
落ち着いた和モダンテイストを取り入れ、客室を15室増室し90室へ


【ホテル木曽路のリニューアルポイント】 ※現時点での予定です。画像はすべてイメージです。
<レストラン会場を一新>
大江戸温泉物語流のバイキングを多くのお客様に楽しんでいただくために、広々としたレストラン会場にリニューアルしました。落ち着きのあるモダンな空間でお食事をお楽しみいただけます。お客様の目の前で調理して出来立てを提供するライブキッチンを新設、天ぷらやステーキなど出来立てをお客様に提供いたします。朝夕合わせて約200種類の種類豊富なメニューをご用意、大江戸温泉物語ならではのバイキングをお楽しみいただきます。


<和モダンスタイルの落ち着いた客室を新設>
既存の客室に加え、新しい客室を新設します。モノトーンと木目を基調とした空間に洋のテイストを取り入れ、和と洋が調和した落ち着きのある和モダンスタイルの客室を目指します。畳は縁なしの琉球畳を使用し、上質な空間の中でくつろぎのひとときを演出いたします。

【大江戸温泉物語 ホテル木曽路 概要】




以上

この企業のニュース