こどもの読書週間記念企画「没後5年「ぞうさん」の詩人 まど・みちおの世界」を開催します

2019/03/14  福井県  

こどもの読書週間記念企画「没後5年「ぞうさん」の詩人 まど・みちおの世界」を開催します

平成31年3月14日 福井県立図書館では、こどもの読書週間〔4/23(火)~5/12(日)〕にあわせ、「ぞうさん」など多くの童謡を生み、国際アンデルセン賞作家賞受賞など大きな業績を残した詩人 まど・みちお の没後5年を記念した特集展示と関連企画を開催します。
つきましては、県民の皆様への周知についてご協力をお願いいたします。



◎こどもの読書週間に伴う貸出冊数の増加
こどもの読書週間期間中にたっぷり読書をしていただけるよう、貸出冊数を
通常の1.5倍に拡大します。

・実施場所:福井県立図書館・若狭図書学習センター
・期 間:平成31年4月23日(火)~5月12日(日)
・貸出冊数:1人15冊 (通常の10冊までから15冊までに増加)

◎平成31年度 こどもの読書週間記念企画
1 期 間 平成31年4月13日(土)~5月16日(木)
(期間中の休館日:4月25日、5月7、13日)
2 会 場 福井県立図書館 閲覧室内
3 内 容
(1)資料特集
子どもたちに親しまれる詩や童謡を数多く創作し、日本人で初めて国際
アンデルセン賞作家賞を受賞した詩人 まど・みちおの著作や関連資料約
150点を紹介します。

(2)講座「絵本を編集すること
そして104の年輪をもつ人 まど・みちお さんのこと」
日 時 平成31年4月21日(日) 14:00~16:00
場 所 福井県立図書館 多目的ホール
講 師 松田 素子 氏(編集者・作家)
内 容 編集者として、作家として、関わってきた絵本が誕生するまで
のヒミツや、詩人 まど・みちおの晩年を編集者としてみつめた
エピソードなどについてお話しいただきます。
対 象 一般(中学生以上) 80名[要申込、先着順、参加無料]

※申込受付中(なお、3月18日(月)~4月1日(月)は図書館システム
更新に伴い臨時休館します。)

(3)講座「朗読でリフレッシュ! まど・みちおの詩を読もう」
日 時 平成31年4月29日(月・祝) 14:00~15:30
場 所 福井県立図書館 研修室
講 師 梅田 悦世 氏(日本朗読検定協会プロフェッサー)
内 容 腹式呼吸など朗読の基本を学び、声に出して、まど・みちおの
詩を味わいます。
対 象 一般(中学生以上) 15名
[要申込・4月6日(土)~受付開始、先着順、参加無料]

【まど・みちお[1909-2014]】
1934年(昭和9年)に雑誌『コドモノクニ』に投稿した作品が北原白秋によって特選に選ばれ、以後、詩や童謡を創作し、「ぞうさん」、「一ねんせいに なったら」、「ふしぎな ポケット」など、子どもたちに親しまれる作品を数多く発表した。1968年(昭和43年)に最初の詩集『てんぷらぴりぴり』で第6回野間児童文芸賞を受賞、1994年(平成6年)には日本人で初めての国際アンデルセン賞作家賞を受賞。2014年(平成26年)逝去。104歳の生涯で大きな業績を残している。 印刷用ページ 添付資料 連絡先
福井県立図書館
担当者: 鷲山、高村
電話: 0776-33-8860
メール: tosyokan@pref.fukui.lg.jp
紹介: http://www.library-archives.pref.fukui.jp/?page_id=138
記事ID: eb723815520103164D