県立大宮工業高校 スケアード・ストレイト技法による交通安全教室の開催 交通事故の仮想体験から交通ルールを学ぶ

2018年07月13日  埼玉県庁 

発表日:2018年7月13日14時

県立大宮工業高校 スケアード・ストレイト技法による交通安全教室の開催 交通事故の仮想体験から交通ルールを学ぶ

部局名:教育局
課所名:大宮工業高校
担当者名:飛田

直通電話番号:048-651-0445
Email:tobita.motoyuki@pref.saitama.lg.jp

県立大宮工業高校(定時制)では、スタントマンが実際に事故現場を再現する「スケアード・ストレイト技法」を用いた交通安全教室を開催します。交通事故の仮想体験から事故の恐怖を実感することで、交通ルールを遵守する大切さを学び、危険な行為を防止します。

本校の夜間定時制の生徒たちは、夕方・夜間に自転車などで登下校していることから、より一層の安全意識の醸成を図る必要があります。「スケアード・ストレイト技法」を用いた交通安全教室は、県内夜間定時制高校では、初めての開催となります。

また、近隣のさいたま市立泰平小学校の児童や保護者、地域住民にも参加を呼び掛けており、子供たちが夏季休業を迎える前に、地域全体で交通ルールの大切さを再確認してもらいます。

1開催日時

平成30年7月19日(木曜日)18時00分~19時00分

2会場

県立大宮工業高校 グラウンド(さいたま市北区本郷町1970)

※雨天の場合は体育館で実施します。

3参加者

約200名

※本校の生徒・保護者・教職員、さいたま市立泰平小学校の児童・保護者、地域住民 など

4内容

株式会社ワーサルに御協力いただき、信号機や横断歩道など実際の道路状況を再現し、現実に起きやすい場面を想定した内容を実施の上、警察職員から解説してもらいます。

(1)人形と自動車を使用した「時速40kmの衝撃再現」

(2)スタントマンを使用した「見通しの悪い角の自転車事故」

(3)左折時に発生する「トラックの内輪差による巻き込み」

県政ニュースのトップに戻る

ページの先頭へ戻る

配信企業情報

埼玉県庁
上場区分 -