+Style、IoTを色々製作できちゃうソニー製マイコン「SPRESENSEシリーズ」を発売

2019/03/15  プラススタイル 株式会社 

見たことのない”ミライ”の商品が集まるIoTショールーム「+Style(プラススタイル)」は、ハイレゾ音源の再生が可能な超小型IoTボード「SPRESENSEシリーズ」(出品者:コアスタッフ株式会社、メーカー:ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社)の販売を本日より開始します。


製作例(SPRESENSEゲームコンソール)
SPRESENSEシリーズ(https://plusstyle.jp/shopping/item?id=357)は、低消費電力ながらも、GPS受信機能やハイレゾソリューション・オーディオコーデックを搭載したIoTボードです。拡張ボードやカメラボードなどのオプション品と組み合わせることで、GPS搭載ドローンの試作や、ハイレゾオーディオ対応スマートスピーカー、低消費電力の定点カメラなど、自分の手でさまざまなIoTデバイスを作り上げることが可能です。


(左から)SPRESENSE メインボード、カメラボード、拡張ボード
カメラボードは、ソニー製CMOSセンサーを採用。500万画素の高精細な静止画・動画撮影が可能で、後日発売予定のBluetooth(R)アドオンボードやWi-Fiアドオンボードと組み合わせることで、セキュリティカメラを自作できます。高い省電力性能を備えており、乾電池での動作が可能です。

(左から)BLE小型カメラ、Wi-Fi小型カメラ、SDカード小型カメラ
また、メインボード上で実現したGPS受信機能は、ソニーの最新GNSS(Global Navigation Satellite System)を採用しており、オープンソースのドローンコード「ArduPilot」をSPRESENSE上で走らせることで、ドローンの試作にも活用できます。ほかにもロボットやビートボックスなど、これまで自作しづらかったIoT製品の基幹パーツを一通り揃えることで、IoT製品を自らの手でお試し・製作することが可能です。なお今後、Bluetooth(R) Low Energyや各種センサー、Wi-Fiなどのサードパーティ各社のボードも取り扱いを拡充する予定です。


「SPRESENSE メインボード」主な仕様





「SPRESENSE 拡張ボード」主な仕様





「SPRESENSE カメラボード」主な仕様





+Style販売価格(税込み)

SPRESENSE メインボード(5,940円)
SPRESENSE メインボード+拡張ボード(9,720円)
SPRESENSE メインボード+カメラボード(9,720円)
SPRESENSE メインボード+拡張ボード+カメラボード(1万3500円)
カメラボードのみ(4,482円)
拡張ボードのみ(4,482円)
https://plusstyle.jp/shopping/item?id=357&utm_source=pr&utm_medium=shop&utm_campaign=20190315


+Styleについて

+Styleは、見たことのない”ミライ”の商品が集まるIoTショールームです。大量生産されていない、まだ生まれたてのプロダクトから、今注目のスマート家電やロボット、ドローン、スマートウォッチまで、さまざまなスマート製品を取り揃えています。また、人々の生活を豊かにする想いを込めて誕生した+Styleのオリジナル製品も続々登場。「はじめよう!ミライ生活」をコンセプトに、ユーザーにとって”安くて便利”なミライ生活の実現を目指していきます。


・+Styleは、プラススタイル株式会社の登録商標です。
・このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

他の画像

関連業界