ほ場整備事業

2018年07月13日  福島県庁 

本文

ほ場整備事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月13日更新

Tweet

生産性を向上させるための「ほ場整備事業」

作物の生産性を向上させるためには、効率よく農作業ができる農地、簡単に管理ができる水路、農作物の運搬がスムーズにできる農道が必要です。
「ほ場整備」は、小さな面積で散らばった農地を集め、形を整えて水路や農道を計画的に効率よく配置して、生産性の高い農地をつくる事業です。

田んぼの区画を1ヘクタール(10,000平方メートル)以上に整備すると、大型の農業機械での農作業が可能になり生産性は飛躍的に向上します。
また、田んぼの地下水位を下げて水はけを良くするための暗渠排水を整備することで、米以外にも麦や大豆等の畑作物の作付けが可能になります。

積極的にほ場を整備し、将来の担い手が
思い切り農業をできるように準備をすすめ
ています。

(南相馬市原町区)

~事例紹介~
未来をつくる 報徳の里 原町東地区 [PDFファイル/1.83MB]

水田1枚を1ヘクタールの大区画に整備
することにより、地域をリードする農業を
展開しています。

(南相馬市小高区)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページに関するお問い合わせ先

相双農林事務所 農村整備部

〒975-0031 福島県南相馬市原町区錦町一丁目30番地 Tel:0244-26-1157 Fax:0244-26-1168

このページのトップへ

前のページに戻る

他の画像

配信企業情報

福島県庁
上場区分 -