企画展『和歌山-日本 和歌山を見つめ、日本の美術、そして近代美術館を見つめる』の開催について

2018/10/12  和歌山県庁 

公開日 10月12日
企画展『和歌山-日本 和歌山を見つめ、日本の美術、そして近代美術館を見つめる』の開催について
連絡先 教育委員会 教育庁文化遺産課
担当者 近代美術館 藤本・島
電話 073-436-8690
FAX --
E-mail
和歌山の美術を見れば「日本」の美術がわかる。和歌山ゆかりの作家たちの作品で「日本」の近代美術が語れる。県立近代美術館として有数の規模を誇る当館の将来を見つめ、「和歌山-日本」という視点で、和歌山の近代美術を見つめ直します。
開催概要は添付ファイルをご覧ください。関連事業については、下記のとおりです



展覧会名 『和歌山-日本 和歌山を見つめ、日本の美術、そして近代美術館を見つめる』

会 期 2018年9月8日(土)~2018年10月20日(土)
※月曜日休館(ただし、9月17日、24日、10月8日は開館し、翌火曜日休館)

会 場 和歌山県立近代美術館 2階展示室
和歌山市吹上一丁目4-14

観覧料 一般510(410円)、大学生300(250)円
※( )内は20名以上の団体料金
※高校生以下、65歳以上、障害者、県内在学中の外国人留学生は無料。
※毎月第4土曜日は、「紀陽文化財団の日」として大学生無料。

関連事業 ●フロアレクチャ(館長による展示解説)
日時:9月8日(土)15時~、
9月29日(土)、10月20日(土)14時~(要観覧券)

●だれでも美術館部(みんなでお話しをしながら作品を楽しむ鑑賞会)
日時:10月8日(月・祝)14時~ (要観覧券)

●こども美術館部「つなひきだいさくせん」(隔月開催の小学生を対象とした鑑賞会)
日時:10月13日(土)11時~11時45分
※10時20分~11時までに受付

●上映会+シンポジウム「近代の文化遺産を守る-寂光院とその襖絵を中心に-」
日時:9月30日(日)14時~16時30分