REECH社、インフルエンサーのPR効果の検証・調査を実施。同じフォロワー数のインフルエンサーでも50倍以上効果が違うことも!?

2019/08/31  株式会社 REECH 

インフルエンサーのデータ分析に特化したインフルエンサーマーケティングプラットフォーム、REECH(リーチ、サービスURL: https://reech.co.jp)を運営する株式会社REECH(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO:杉山善則)は、インフルエンサーのPR効果にどの程度の個人差があるのか検証・調査を実施いたしましたので、その結果をお知らせいたします。 今回の調査で、同程度のフォロワー数であっても、そのPR効果は最大50倍以上も乖離があることが判明いたしました。


インフルエンサーマーケティングの効果については、未だにブラックボックス化されている部分が多く、情報の不透明感を拭えないまま実施に至るケースが大半です。
多くの場合が、フォロワー数やエンゲージメント率、投稿の雰囲気のみを頼りにインフルエンサーへの依頼を行っており、その結果、あまり効果が出ずに失敗してしまう事例が多いように見受けられます。

今回は、フォロワー数3,000人以上のインフルエンサー300人のインサイト情報を元に、PR効果にどの程度の個人差があるのかを検証・調査を行いました。
その結果、同程度のフォロワー数であっても、そのPR効果は最大50倍以上も乖離があることが判明いたしました。つまり、どのインフルエンサーを起用するかで、効果に雲泥の差が生じるということになります。

今回の調査で、PR効果の乖離が最も大きかった2名のインフルエンサーの比較を下記の通り公開いたします。


調査内容(PR効果について最も乖離が大きい2名のインフルエンサーの比較)



インプレッション数比較


リーチ数比較


エンゲージメント数比較



 
また、効果が高いインフルエンサーと低いインフルエンサーの定性的な比較も行なった結果、それぞれ以下のような特徴が見受けられました。


効果の高いインフルエンサーの特徴

・「可愛い」「カッコいい」だけではなく、フォロワーから共感を得られる価値のある情報発信を継続的に行っている
・日常生活のライトな投稿だけでなく、フォロワーを意識した情報の提供(商品レビューやコンテンツ生成)を行なっている
・コンテンツ内容にエッジが効いており特徴がある
・普段から情報発信を行なっているため、レビューに慣れておりPR投稿でもきちんと丁寧にレビューを行なっている

効果の低いインフルエンサーの特徴

・「可愛い」「カッコいい」だけで、容姿・ビジュアル以外の情報発信が行われていない
・容姿・ビジュアルに頼りきった日常生活のライトな投稿のみでコンテンツが形成されている
・PR投稿では、レビュー不足、写真アングルの考察不足であることが多く、テキスト・投稿写真ともにPR商材を生かしきれていない形になっている場合が多い
・写真の加工・修正が多い

 

REECHが提供するサービスについて

REECHは、このようにインフルエンサーの情報がブラックボックス化されている問題を解消して効果的なマーケティングを行うために、インフルエンサーのフォロワー属性や影響力・広告効果を精緻に分析し、クライアント様に提供することで、最大限効果的なインフルエンサーを起用できるキャスティングサービスを開発しております。

上記のレポート結果のように、インプレッション数・リーチ数の計測も行なっており、本当にPR効果の高いインフルエンサーのみを起用することが可能です。
料金もフォロワー単価1.5円と、非常にリーズナブルに提供させていただいておりますので、インフルエンサーマーケティングで効果が出ずお悩みの会社様や、これから実施予定の会社様は、ぜひ一度弊社サービスをお試しください。

https://reech.co.jp


調査概要

実施会社:株式会社REECH
実施手法:直接調査
調査期間:2019年8月15日~2019年8月28日
調査対象:Instagramでフォロワー数3,000名以上を有するインフルエンサー300名



株式会社REECHについて

社  名 :株式会社REECH
代 表 者:代表取締役CEO 杉山善則
設立年月 :2018年11月
事業内容 : インフルエンサーマーケティング事業、広告代理業
住  所 :〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-5-9ファーストリアルタワー15F
サイトURL:https://reech.co.jp/corporate/

本件に関するお問い合わせ先
E-mail: info@reech.co.jp
 

他の画像

関連業界