県立近代美術館 「MOMAS(モマス)コレクション第1期」を開催

2018年04月12日 

発表日:2018年4月12日14時

県立近代美術館 「MOMAS(モマス)コレクション第1期」を開催

部局名:教育局
課所名:近代美術館
担当名:常設展・収蔵品担当 教育・広報担当
担当者名:渋谷 谷田

直通電話番号:048-824-0110
Email:p240111@pref.saitama.lg.jp

県立近代美術館では、平成30年4月21日(土曜日)から7月8日(日曜日)まで、「MOMASコレクション第1期」を開催します。

「MOMASコレクション」は、県立近代美術館の収蔵作品を中心とした展示プログラムです。従来の常設展の枠を超えた新しい試みに取り組み、特別プログラムを交えた展示を年4回に分けて行っています。

今回開催する第1期では、巨匠シャガールなどの西洋近代絵画や、近年、新たに当館の収蔵品となった作品などをご覧いただけます。

※「MOMAS」は埼玉県立近代美術館(The Museum of Modern Art, Saitama)の略称です。

1 会期

平成30年4月21日(土曜日)~7月8日(日曜日)

開館時間:10時00分~17時30分(展示室への入場は17時00分まで)

休館日:月曜日(4月30日は開館)、5月22日(火曜日)~25日(金曜日)、6月26日(火曜日)

2 会場

県立近代美術館 1階展示室

(さいたま市浦和区常盤9-30-1 電話048-824-0111)

3 観覧料

一般200円(120円)、大高生100円(60円)

※( )は20名以上の団体料金です。

※当日のみ再入場ができます。

※中学生以下及び障害者手帳等を御提示の方(付き添い1名を含む)は無料です。

※企画展観覧券をお持ちの方は、併せてMOMASコレクションも御覧いただけます。

4 出品予定作品数

合計54点(予定)

[油彩画ほか17点、版画15点、彫刻6点、その他16点]

5 展示テーマ

(1) セレクション:シャガールとかフジタとか

人気の高いマルク・シャガールや、レオナール・フジタの作品を中心に西洋・日本の近代絵画をご紹介します。

出品作家:マルク・シャガール、レオナール・フジタ、オーギュスト・ルノワールなど

(2) さいきんのたまもの

近年、新たに当館のコレクションに仲間入りした作品をご紹介いたします。

出品作家:清水晃、吉野辰海、竹岡雄二など

6 関連イベント

(1) サンデー・トーク

学芸員等が展示作品から1点を選んで解説します。

場所:1階展示室/費用:MOMASコレクション観覧料が必要です。

  • 日時:5月13日(日曜日)15時00分~15時30分

作品:吉野 辰海(よしの たつみ)《双頭犬》/1987年

展示担当者:平野 到

  • 日時:6月17日(日曜日)15時00分~15時30分

作品:ヨーゼフ・ボイス《プリント1、プリント2》(寄託作品)/1971年

担当学芸員:大浦 周

(2) 美術館サポーターによる作品ガイド

4月21日(土曜日)、22日(日曜日)を除く会期中の毎日14時00分から30分程度、美術館サポーター(ガイド・ボランティア)が展示作品について解説します。

場所:1階展示室/費用:MOMASコレクション観覧料が必要です。

7 主催等

主催:県立近代美術館、協力:JR東日本大宮支社

8 交通案内

JR京浜東北線北浦和駅西口より徒歩3分(北浦和公園内)。JR東京駅、新宿駅から北浦和駅まで、それぞれ約35分。

当館に専用駐車場はありませんが、提携駐車場「三井のリパーク埼玉県立近代美術館東」では駐車料金の割引があります(企画展観覧で300円引き、MOMASコレクション観覧で100円引き)。団体バスは事前に御相談ください。お体の不自由な方の御来館には業務用駐車場を提供いたします。ただし台数に限りがありますので予め御了承ください。

【お問合せ先】

県立近代美術館常設展・収蔵品担当 渋谷(電話:048-824-0110)

【参考情報】

県立近代美術館

ホームページ:http://www.pref.spec.ed.jp/momas/

公式Twitter:https://twitter.com/momas_kouhou

公式Facebook:https://www.facebook.com/momaspr

公式YouTube:https://www.youtube.com/user/momasjp

県政ニュースのトップに戻る

ページの先頭へ戻る

この企業のニュース