豪州ニューサウスウェールズ州カウラ市訪日団による堀井巌外務大臣政務官表敬

2018年05月17日 

オーストラリア連邦

豪州ニューサウスウェールズ州カウラ市訪日団による堀井巌外務大臣政務官表敬

平成30年5月17日

英語版 (English)

5月9日午後5時20分から約40分間,豪州ニューサウスウェールズ州カウラ市(注1)訪日団(注2)が,堀井巌外務大臣政務官を表敬したところ,概要は以下のとおりです。

  1. 冒頭,堀井巌政務官から,今回の訪日に歓迎の意を示すとともに,4月28日に同政務官がカウラ市を訪問した際の受け入れに謝意を述べました。また,堀井政務官は,今回のカウラ市訪日団が,長年にわたりカウラ市との友好関係の構築に貢献してきた日本の方々を訪問し,旧交を温めていただくことは非常に意義深い旨述べました。
  2. これを受け,ビル・ウェスト市長から,4月の同政務官カウラ市訪問に感謝の意を示すとともに,来年が日本人捕虜集団脱走事件から75周年の節目にあたることから,日本との友好関係をさらに発展させたいとの意欲を示しました。
  3. 堀井巌政務官は,カウラ市による日豪戦後和解への尽力に対し改めて謝意を表明するとともに,日本人捕虜集団脱走事件75周年に向けてカウラ市との協力を深めていきたい旨述べました。
(注1)第二次大戦当時,捕虜収容所が置かれた。1944年8月5日,日本人捕虜の集団脱走事件が発生し,238名の犠牲者(豪州人の収容所衛兵4名を含む)を出した。戦後の1964年に完成した日本人戦争墓地には,集団脱走事件の犠牲者や各地から集められた戦死者等522名の日本人が埋葬されている。 (注2)ビル・ウェスト市長,ジュディ・スミス副市長,ポール・デバリー助役の3名で構成。5月6日から16日までの日程で,東京都,福岡県,新潟県上越市を訪問。

関連リンク

この企業のニュース