"ノロウイルスワクチンシーズ"に関するライセンス契約締結のお知らせ

2019/01/10  デンカ 株式会社 


2019 年 1 月 10 日
デンカ株式会社

“ノロウイルスワクチンシーズ”に関するライセンス契約締結のお知らせ

デンカ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:山本学)は、この度、日本医療研究開発機構(AMED、理事長:末松 誠)の「新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業」で開発された“ノロウイルスワクチンシーズ”の成果物に関し研究代表を務めた片山和彦氏(現北里大学北里生命科学研究所・感染制御科学府ウイルス感染制御学 I・教授)との間で、当社が独占的*1に利用できるライセンス契約を締結いたしました。本成果物は「ノロウイルスVLP*2を特異的に認識するモノクローナル抗体*3を作出するハイブリドーマ*4」と「ノロウイルスVLPを作出可能な組換えバキュロシードウイルス」です。

毎年冬季に流行するノロウイルス感染症は、国民生活の質の維持向上や経済活動に大きな影響を及ぼしており、感染を防いだり、症状を緩和するワクチンの開発が望まれています。このような社会の要望に応えるため、現在、当社の独子会社であるアイコンジェネティクス(Icon Genetics GmbH)社では、同社が保有する、植物における遺伝子組換え技術を用いて高分子タンパク質を産生する技術プラットフォームである、「magnICON」*5をベースに、ウイルス様中空粒子(VLP)を抗原としたノロウイルスワクチンの開発を行っております。

ノロウイルスにはたくさんの遺伝子型があり、互いに抗原性が異なることから、ワクチン開発には、流行するノロウイルスの遺伝子型にあった抗原と抗体が必要です。今回契約を締結したノロウイルスワクチンシーズには、それぞれの遺伝子型の VLP を特異的に検出するモノクローナル抗体が含まれていることから、混合ワクチンの品質管理(混合比、混合した VLP の品質確認、ワクチンの検定など)も可能となり、将来的には流行に応じた迅速なワクチン開発が可能になることが期待できます。

また、当社のグループ会社であるデンカ生研株式会社では、現在、“ノロウイルス抗原検出キット”を販売しており、本製品の性能向上にも寄与することが期待できます。

デンカグループは今回の契約を活用し、社会課題の解決につながる製品開発を加速してまいります。

以上

公式ページ(続き・詳細)はこちら
http://www.denka.co.jp/news/pdf/20190110_norovirusseed.pdf

他の画像

関連業界