ウガンダの子ども達に、安全に水を運ぶバッグを届けたい!「JERRYBAG」を日本初公開のため、クラウファンディングを始めます。

2018年10月10日  株式会社 セトワークス 

ジェリーバックブランドは、2014年、アフリカのウガンダでの生命の源である水を危険に運搬するウガンダの子供たちのための製品をと、地元の女性と一緒に作り始めました。 アフリカ地元の素材と地元女性の技術を活用し、地域内で作ることができ、安全で丈夫なバッグのデザインを研究して商品化いたしました。 商品を購入して頂けると、ウガンダの子供のためのOne+バッグが国際NGOや地域協力団体を通じてアフリカの子どもに渡されます。 日本初公開をクラウファンディングのKIBIDANGOでスタートします。 開催ページURL:https://kibidango.com/860

ジェリーバックは、アフリカの子供たちが危険を背負いながらも生活に必要なため、毎日、水を運搬する時に使用するジェリー缶バケツを簡単に運べるバッグを地域住民と一緒に制作し、国際団体と一緒に伝達する事業を2014年、ウガンダで始めました。 より軽く、安全なバッグをデザイン・生産し、誰もが旅の時、心強い友達のようなバッグになることを目指としています。 ジェリーバックはOne4 Oneの方法で、カバンを一つサポートするともう一つをウガンダの子供たちにジェリー缶が入る丈夫で安全なバッグを渡されます。

 

Water Is Life since 2014

ジェリーバックは、アフリカでの生活に必要な水を運ぶために使用されるプラスチックバケツのジェリー缶を入れる袋という意味で、重いバケツをより便利に、安全に運ぶためのバッグをウガンダの地域の女性と一緒に作って、必要な地域の子供たちに伝えるデザインソーシャルベンチャーです。 ジェリーバック製品の販売収入はウガンダの子供たちに渡されるONE+バッグの製作に必要な材料費と地域の女性の人件費をサポートします。 「Design for a better life」 を実践するグローバルソーシャルベンチャー「ジェリーバック」を日本で初公開します。

現在、クラウファンディングのkibidangoにて「プロジェクトの種」として開始しています。

10月16日から1ヶ月間、本ファンディングをスタートする予定であります。

 

 

公開モデル

今回は初公開にあたり、スタンダードモデルと、フィンランドの日本人デザイナーさんとのコラボモデル、そして、水運び用ジェリーキャンをモティーフにした、ボルドの3つのモデルをご紹介します。

ジェリーバックは社会貢献を目的としている企業ではありますが、製品のデザインにもこだわっています。
ただ、一回寄付のような形で終わるのではなく、ずっと利用したくなるカバンを作ることで、逆にカバンを使いながら、アフリカの子供たちに対する関心を維持してもらいたいと考えているからです。
クラウファンディングだけの特典

今回は特別価格での公開だけでなく、実際このプロジェクトを自分のSNSに広めてくれる方々の中からランダムで3名様を選び、スタンダードバックをプレゼントする予定であります。

11日から、クラウファンディングページ内でキャンペーンイベントも公開されますので、ぜひ、ご確認願います。

 

今後の展開

11月までのクラウファンディングが終了した後は、一般販売と共に多様なルートで知らせていく予定でありあります。

また、クラウファンディングの実績で追加のモデルの日本販売も決定される予定であります。

このプロジェクトにご興味がある方はぜひ一度ご訪問いただければと思います。

 

開催ページURL:https://kibidango.com/860

 



他の画像

配信企業情報

株式会社 セトワークス

住所

その他 KOREA, Gyunggi-Do Paju-si531-2 Jumpzone 203 MAP
上場区分 -

業界