【十日町】「豪雪地で暮らす人々に会う旅」を実施します

2019/01/10  新潟県庁 

【十日町】「豪雪地で暮らす人々に会う旅」を実施します

2019年01月10日

十日町地域振興局では、地域の人口減少に対応するため、移住・定住に向けた各種取組を展開しています。
越後妻有地域の中でも津南町は、1年のうち約5か月間も雪が積もっている豪雪地です。そんな豪雪地・津南ならではの体験を通じて、津南の人と都会の人が出会い交流するモニターツアーを実施することとし、参加者を募集します。

1 モニターツアーの概要

都会の人が、豪雪地・津南ならではの体験を通じて、住民と交流します。

2 募集内容

ツアー名 豪雪地で暮らす人々と老舗酒蔵の杜氏に触れる旅
~真冬の津南町でこの季節ならではの特別な体験~
実施期間 平成31年2月16日(土)~17日(日) 1泊2日
募集人数 最大20名(最小催行人員10名)
スケジュール 1日目 東京駅集合⇒新幹線・路線バスで津南町へ
苗場酒造を見学、蔵人と焦土料理で昼食
なじょもんで縄文土器に触れる
秘境秋山郷結東温泉
除雪作業で雪国の暮らしを体験
アートなかまくらで夕食
2日目 苗場酒造で朝の仕込み作業を特別見学
新雪の上をスノーシューで歩きます
竪穴式住居で縄文文化を再現・体験
路線バスで十日町雪まつり会場へ
十日町⇒ほくほく線・新幹線⇒東京駅解散
参加費 38,000円
参加費に含まれる内容 交通費、宿泊費、体験代、交流会費
※詳しくは別添の参加者募集チラシをご覧ください。

3 お申し込み先

下記旅行会社のホームページからのお申し込みとなります。

あうたび合同会社(担当:唐沢)

【2月16日開催】「豪雪地で暮らす人々と老舗酒蔵の杜氏に触れる旅」募集ページ

報道発表資料(PDF形式 140 キロバイト)
参加舎募集チラシ(PDF形式 834 キロバイト)

【お問い合わせ】
新潟県十日町地域振興局企画振興部
担当:髙木 (TEL:025-757-5517、Fax:025-752-5604)

PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Adobe Readerをダウンロードする

十日町地域振興局トップページへ

企画振興部トップページへ

十日町地域振興局公式Facebookページへ

◇このページに関するお問い合わせは

十日町地域振興局企画振興部
〒 948-0037 十日町市妻有町西2丁目1番地
電話: 025-757-5515 ファクシミリ: 025-752-5604