異才監督・押井守が語り尽くすジブリ論の決定版が誕生! 宮崎駿監督や鈴木敏夫プロデューサーと親交がある押井監督だからこその作品読解&遠慮のない正直すぎる批評がさく裂。

2017年10月13日 

押井守『誰も語らなかったジブリを語ろう』10月20日(金)発売

この度、雑誌「TV ガイド」や「TV Bros.」を発行する、株式会社東京ニュース通信社は、10月20日(金)に『誰も語らなかったジブリを語ろう』(押井守/著 )を発行いたします。内容は世界的に活躍する映画監督である著者が語り尽くす、“ジブリ論”です。宮崎駿監督や高畑勲監督の作家性や、数々の劇場公開作品を読み解きます。日本のアニメーションが全世界で愛されている今、まさに必読の一冊に仕上がっています。


押井守『誰も語らなかったジブリを語ろう』(東京ニュース通信社刊)
ジブリ作品が今より10倍面白くなる!?
『風の谷のナウシカ』~『思い出のマーニー』まで異才監督・押井守が語り尽くした痛快&ディープなジブリ論


日本のみならず、世界のアニメーションに影響を与えた“スタジオジブリ”を『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』等で知られ、これまた世界中からリスペクトされている監督・押井守が語り尽くします。スタジオジブリの劇場公開作『風の谷のナウシカ』~『思い出のマーニー』まで作品ごとに振り返りつつ、「これまでのジブリ、これからのアニメーション」までを縦横無尽に語った痛快&ディープなインタビューを収録しています。

【目次】
第一章 矛盾を抱えた天才 宮崎駿
第二章 リアリズムの鬼 高畑勲
第三章 ジブリ第三の監督たち
第四章 小さな巨人――スタジオジブリ


【著者プロフィール】押井守(おしい・まもる)
映画監督。1951年生まれ。東京都出身。主な監督作に『うる星やつら オンリー・ユー』(’83)、『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』(’84)、『機動警察パトレイバー the Movie』(’89)、『機動警察パトレイバー2 the Movie』(’93)、『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(’95)はアメリカ「ビルボード」誌セル・ビデオ部門で売り上げ1位を記録。『イノセンス』(’04)はカンヌ国際映画祭コンペティション部門に、『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』(’08)はヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門にノミネートされた。近作に『THE NEXT GENERATION パトレイバー』シリーズ全7章(’14~’15)、『THE NEXT GENERATION パトレイバー首都決戦』(’15)。最新作は『ガルム・ウォーズ』(’16)。


【商品情報】
『誰も語らなかったジブリを語ろう』

●著 者:押井守
●カバーイラスト:湯浅政明
●発売日:2017年10月20日 (金)※一部、発売日が異なる地域がございます
●価 格:本体 1,600円+税
●版 型:四六判・256ページ
●発 行:東京ニュース通信社
●発 売:徳間書店

全国の書店、ネット書店、弊社TOKYONEWS magazine&mook( http://zasshi.tv/)にてご購入いただけます。

この企業のニュース

企業の公式情報をご存知ですか?
どこよりも早く正確な情報をあなたにお届け!

詳しくはこちら