新型DRシステムによって多彩な機能やオプションに対応 - デジタル式回診用X線撮影装置 新モデルを発売

2018年04月11日  株式会社 島津製作所 

2018年

プレスリリース

報道関係の皆様からのお問い合わせはこちら

掲載されている内容はすべて発表日当時のものです。その後予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。

2018/04/11

新型DRシステムによって多彩な機能やオプションに対応
デジタル式回診用X線撮影装置 新モデルを発売


島津製作所は、快適な走行性をそのままに多彩な機能を搭載したことに加え、新しい画像処理技術などの豊富なオプションも利用可能になったデジタル式回診用X線撮影装置「MobileDaRt Evolution MX8 Version(モバイルダート エボリューション エムエックスエイト バージョン)」新型DRシステム搭載タイプを4月11日に発売します。

病棟回診や緊急性の高い医療現場での検査などに用いられる本製品は、当社が開発した最新のDR(デジタルラジオグラフィ)システムと撮影装置本体の連動により、消費電力を抑える電源管理や回診先の情報表示を可能にしたほか、カテーテルの位置確認や手術後の遺残確認に適した新しい画像処理技術に対応しました。操作者に合わせて高さを変更できる走行ハンドルを用意し、院内での利便性を一層高めました。

国内メーカーとしては当社が初めて開発した伸縮式支柱によって走行時の前方視野も広く、パワーアシスト機能による自然なハンドル操作や大画面モニタ、充実した収納など、ハードの基本性能にも強みを有しています。

当社のデジタル式回診用X線撮影装置「MobileDaRt」シリーズは、2018年3月に国内外での累計販売台数が3,500台を超えました。今後も質の高い回診業務に貢献すべく、技術を磨き続けます。

【新製品の特長】

1. 回診業務を支援する多彩な機能

画像処理ユニットとして当社開発の最新のDRシステムを採用しています。X線撮影装置本体とDRシステムとの連動により、様々な機能が利用できます。電源が入った状態で一定時間操作が無い場合に装置全体の電源をオフにするなどの省電力機能に加え、新たに、走行時のモニタに次の検査先や患者情報などを見やすく表示する機能を導入しました。消費電力の抑制や回診業務の効率化が期待できます。


2. 装置本体の優れた基本性能

X線管を支える支柱が伸縮式のため、前方の視界を妨げること無く走行できます。また、パワーアシスト機能により、操作者のイメージに極めて近い感覚で滑らかな走行が可能です。DRシステムの電源を起動してから約1分で検査を開始し、X線ばく射後は約2秒で19インチの大画面フルフラットモニタに画像を表示します。フラットパネルディテクタや小物を収納するスペースも多く確保しました。


3. 豊富なオプション

ハードとソフトの両面で豊富なオプションを備えています。新しい画像強調処理オプション「Fine-View(ファイン ビュー)」は、カテーテルの位置確認や手術後の遺残確認に適しており、鮮明な画像を表示します。また、高さを変更できる走行ハンドルや、離れた位置からX線をばく射できるワイヤレスハンドスイッチ、迅速かつ正確な患者登録を補助するワイヤレスバーコードリーダーなど、院内のオペレーションに合う様々なオプションを組み合わせ可能です。


価 格 1億2,300万円~(税別、システム構成により異なる)

【製造販売認証番号】(医療用)

220ABBZX00229000 移動型デジタル式汎用X線診断装置
移動型アナログ式汎用X線診断装置
[回診用X線撮影装置MobileDaRt Evolution]
X線平面検出器出力読取式デジタルラジオグラフ
詳しい製品説明についてはこちら

他の画像

配信企業情報

株式会社 島津製作所東証1部
企業ダッシュボード財務情報を見る

住所

京都府京都市中京区西ノ京桑原町1 MAP
上場区分 東証1部

業界