政策情報誌「Think-ing」第20号を発行しました

2019/03/15  埼玉県庁 

発表日:2019年3月15日14時

政策情報誌「Think-ing」第20号を発行しました

課所名:彩の国さいたま人づくり広域連合
担当名:政策管理部
担当者名:中本・岡田

直通電話番号:048-664-6685
Email:jinzai03@hitozukuri.or.jp

彩の国さいたま人づくり広域連合では、県・市町村職員の政策研究成果や政策提言、有識者の寄稿、事例紹介等を掲載することより、県・市町村職員の政策形成能力向上を図り、また、各自治体の政策立案を支援することを目的に、政策情報誌「Think-ing」を年1回発行しています。

このたび、節目となる第20号を発行しましたのでお知らせします。

1 特集テーマ

これからの自治体職員のあり方とは

2 主な内容

  • 特集テーマに関連した有識者からの寄稿論文及び県・市町村職員による公募論文

有識者:内閣官房参与、慶應義塾大学講師 岡本 全勝 氏

明治大学名誉教授 青山 ? 氏

早稲田大学政治経済学術院教授 稲継 裕昭 氏

横浜国立大学大学院 国際社会科学研究院教授 小池 治 氏

立教大学大学院 21世紀社会デザイン研究科教授 中村 陽一 氏

関東学院大学 法学部地域創生学科准教授 牧瀬 稔 氏

  • 県・市町村職員からの公募による自由論文
  • 市町村による政策研究活動報告
  • 政策形成のトレンド紹介
  • 広域連合より

3 サイズ・ページ数

A4判・112ページ

4 閲覧等

当広域連合のホームページからPDFデータをダウンロードすることができます。

http://www.hitozukuri.or.jp/jinzai/seisaku/81sien/01/top.htm

県政ニュースのトップに戻る

ページの先頭へ戻る