アウディ、残価保証型ローンAudi Future Driveを全モデルに導入

2018年06月14日 


アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:斎藤 徹)は、このほど、車両本体価格の一部を最終回の支払額(残価)として据え置き、残価と同額での車の買い取りを保証する残価保証型ローン「Audi Future Drive(アウディフューチャードライブ)」の本格導入を開始しました。本商品は、アウディ ファイナンシャル サービス※1(本社:東京都品川区、代表取締役社長:横瀬 正幸)により提供されるものです。

「Audi Future Drive」は、アウディの将来の車両価値を保証し、月々の支払いの軽減とともに、お客様への安心感を両立させたローンプログラムです。

従来より、据置設定型ローン「Audi Sローン」で、車両本体価格の一部を据え置き、月々の支払いを軽減する支払いプランを提供してきましたが、残価保証型ローン「Audi Future Drive」では、残価保証を加えることで、最終回支払時に原則として清算の必要無く、ライフステージに合ったアウディ車のご利用や乗り換えがより容易になりました。ご購入時に、Audi Freeway PlanやAudi Freeway Plus. Lightなどのメンテナンスプログラムや、延長保証プログラムであるAudi Carlife Plus.などを組み込むことも可能で、お客様に、より安心で快適なアウディ ライフをお送りいただけます。

支払い回数(期間)は、36回(3年)/ 48回(4年)/ 60回(5年)が選択でき、最終回の支払時には、1、Audiへの乗換え、2、車両の返却、3、継続利用(残価を再分割または一括支払い)の選択となります。詳しくは下記のウェブサイトをご参照、もしくはアウディ正規販売店にお問い合わせください。  http://www.vfj.co.jp/audif/services/audifuturedrive.html

アウディ ジャパンでは、アウディ ファイナンシャル サービスとともに、お客様の様々なニーズに対応するべく、Audi Future Drive、Audi Sローン、Audi 認定中古車Sローン、Audi 自動車保険プレミアム、Audi Ambassador Cardなどの多彩なファイナンス商品提供を通じて、これからも充実のアウディ ライフをお届けして参ります。


※1 アウディ ファイナンシャル サービスは、フォルクスワーゲン・ファイナンシャル・サービス・ジャパン株式会社が運営する事業部門です。

この企業のニュース