福岡空港特定運営事業等の優先交渉権者の選定について

2018年05月16日  国土交通省 

福岡空港特定運営事業等の優先交渉権者の選定について

2018/5/16

国土交通省は、平成31年4月からの福岡空港の運営の民間委託に向け、審査委員会において応募者の第二次審査を行い、福岡エアポートHDグループを優先交渉権者として選定しました。

1.優先交渉権者

福岡エアポートHDグループ
代表企業 :福岡エアポートHD株式会社
コンソーシアム構成員:西日本鉄道株式会社
三菱商事株式会社
Changi Airports International Pte. Ltd.
九州電力株式会社

※なお、優先交渉権者と基本協定及び実施契約の締結に至らなかった場合における次点交渉権者として、Pride of 九州コンソーシアムを選定しました。

2.審査結果概要(第二次審査)

コンソーシアム名大和ハウス・マッコーリーコンソーシアム福岡エアポートHDグループPride of 九州コンソーシアム
得点149.0点169.7点151.8点

※ 得点内訳、審査講評等及び優先交渉権者の提案概要については、基本協定の締結後に公表する予定です。

3.今後のスケジュール(予定)

基本協定の締結 平成30年6月
運営権設定・実施契約の締結 平成30年8月
ビル施設等事業の開始 平成30年11月
空港運営事業の開始 平成31年4月

添付資料

報道発表資料(PDF形式)

お問い合わせ先

国土交通省航空局航空ネットワーク企画課 空港経営改革推進室 安井、永澤、桐島
TEL:03-5253-8111 (内線49-190、49-125、49-119) 直通 03-5253-8714 FAX:03-5253-1658

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
左のアイコンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロードしてください(無償)。
Acrobat Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合はこちらをご覧ください。

配信企業情報

国土交通省
上場区分 -