世界初、コネクティッドカー向けLTE一斉同報配信に成功 - KDDI、ノキア、Hexagon、KDDI総合研究所

2018年04月16日  KDDI 株式会社 

KDDI、ノキア、Hexagon、KDDI総合研究所、世界初、コネクティッドカー向けLTE一斉同報配信に成功

~落下物などの危険情報を後続の自動運転車に一斉配信~

  • KDDI株式会社
  • ノキアソリューションズ&ネットワークス合同会社
  • Hexagon AB
  • 株式会社KDDI総合研究所

2018年4月16日

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下 KDDI)、ノキアソリューションズ&ネットワークス合同会社 (本社: 東京都港区、代表執行役員社長: ジョン・ハリントン、以下 ノキア)、Hexagon AB (本社: スウェーデン・ストックホルム、President & CEO: Ola Rollen、以下 Hexagon)、株式会社KDDI総合研究所 (本社: 埼玉県ふじみ野市、代表取締役所長: 中島 康之、以下 KDDI総合研究所) は、2018年4月、自動運転時代のコネクティッドカーへの効率的な運転支援情報の配信に向けて、コネクティッドカー向けのLTE一斉同報配信技術 (以下 一斉同報配信) の実証実験を実施し、世界で初めて成功しました。

レベル4 (無人運転) の自動運転車が安全な運転を実現するためには、車両が走行状態を常時監視し、正確な道路構造物情報を把握するほか、人や障害物など動的情報をリアルタイムにフィードバックするシステムの構築が欠かせません。また同時に、複数の併走するコネクティッドカーに対し、前方の車両が、落下物や異常気象などを後方の車両に通知する機能や、高精度位置測位のための補強情報の配信など、大量の「運転支援情報」を一斉に効率よく配信する技術が求められています。

現在主流の「個別配信」では、ひとつの電波帯域で1対1の通信を行うため、多くの電波帯域が必要でした。これに対し今回実証した「一斉同報配信」では、多くの相手に対し一つの電波帯域を共用するため、電波の利用効率を大きく向上できます。将来、コネクティッドカーの普及台数が1000万台規模に増えたとしても、タイムリーで安定的な情報の受信が期待できます。

これまで一斉同報配信は、スタジアムにおける観客への映像放送などに用途を限定し用いられてきましたが、今回、4社は、コネクティッドカー向けの情報配信に一斉同報配信を用いるユースケースを新たに定義し、世界初のフィールド実証に成功しました。

KDDI、ノキア、Hexagon、KDDI総合研究所は、今後も安全な自動運転社会を実現するため、各社の持つ要素技術を連携しながら、安心・安全なカーライフの実現を目指していきます。

別紙をご参照ください。

  • 別紙: KDDI、ノキア、Hexagon、KDDI総合研究所、世界初、コネクティッドカー向けLTE一斉同報配信に成功

<別紙>

1. 実証実験の内容

将来の完全自動運転時代に必須となる運転支援情報の一斉同報配信 (eMBMS (注1)) を実証するための実験ネットワークを実フィールドに構築します。実際のフィールドにおいて、走行するコネクティッドカーに対する配信成功率やエンドツーエンド遅延を検証し、また位置測位の補強情報の配信における、個別配信と一斉同報配信での測位結果の比較などを実施しました。なお、今回は一斉同報配信の性能評価を主眼に置くため、車載測位システムと測位アルゴリズムの評価は対象外としています。

実証実験 [1]: 先行車が検知した道路障害物等の情報を後方車両に一斉同報で伝搬し、コネクティッドカーの衝突回避操作を促しました。

実証実験 [2]: コネクティッドカーが正確に自車位置を把握できるように、基地局の位置を車の「おおよその位置」とみなして配信センターに送信し、一斉同報配信で補強情報を基地局周辺の車に配信しました。コネクティッドカーが自動運転化されると、正確な自車位置の把握が必須となります。

2. 各社の役割

  • (1)

    KDDI

    ユースケース定義および、基地局附帯設備を含む一斉同報配信ネットワークを提供します。

  • (2)

    ノキア

    基地局装置とMEC (注2) の提供、全体インテグレーションを行います。

  • (3)

    Hexagon

    高精度位置測位の補正信号を配信するアプリの開発と、日本向け機能調整を行います。

  • (4)

    KDDI総合研究所

    ユースケース定義および、実験データの解析、実証実験全般の技術に協力します。

3. 実施時期、場所

2018年4月2日~20日、北海道豊頃町の公道にて

【参考WEBサイト】

KDDI公式サイト IoTソリューション内「KDDIが考えるコネクティッドカーの世界」をご参照ください。

【商標について】

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

【参考】

  • KDDIについて

    KDDIは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、"ワクワクを提案し続ける会社"として、約3,900万を超える個人のお客さまには「au」ブランドの移動通信と固定通信に加えて、金融・コマース、物販 (au WALLET Market)、電力 (auでんき) など、お客さまの生活に新たな価値を提案していきます。
    また、法人のお客さまには、移動通信事業やICT事業に加えて、5GやIoT領域におけるパートナー企業と連携し、お客さまのビジネスに貢献するサービス・ソリューションをワンストップで提供していきます。
    さらに、グローバルでは高い信頼性と高品質なデータセンター「TELEHOUSE」を中核に、IoTに最適なICT環境の提供を目指しているほか、新興国などにおけるコンシューマビジネスにも積極的に取り組み、世界各国の経済成長や国民生活の向上に貢献していきます。

  • ノキアについて

    ノキアは、世界をつなぐ技術を開発しています。ノキア ベル研究所のイノベーションを基盤として、通信事業者、政府機関、グローバル企業、そして一般消費者に、最も洗練された包括的な製品、サービス、ライセンスを提供しています。
    私たちは、高度なビジネス倫理・規範に基づき、社会的意義があり、高品質で、インテグリティを守る技術を開発しています。ノキアは、私たち人間の体感を向上させる5GやIoT (モノのインターネット) の通信インフラを実現します。

  • Hexagonについて

    Hexagon AB は地理空間的・産業的エンタープライズ・アプリケーションなど全体で品質と生産性を担う情報テクノロジーの世界的リーディングプロバイダーです。
    センサー、ソフトウェア、ドメイン知識、顧客ワークフローに代表されるスマートな情報体系を統合するHexagonのソリューションは、実用情報、自動化プロセス、生産性向上を支援しています。
    Hexagonのソリューションは、様々な産業において広範囲に渡り採用されています。
    Hexagon (Nasdaq Stockholm: HEXA B) は世界50カ国に18000名以上の従業員を雇用し、総売上高は約3.5億ユーロです。詳細はhexagon.comにてご確認頂けます。

  • KDDI総合研究所について

    KDDI総合研究所は、2020年以降の未来を見据え、調査分析から研究開発までをシームレスに進めるとともに、次世代技術の開発、未来予測の一層の強化を、広くスピーディーに行なっています。新たな価値や体験をお客さまに提供できるよう、"豊かな未来への挑戦"を続けていきます。

【用語解説】

  • 注1)
    eMBMS (LTE Evolved Multimedia Broadcast Multicast Service) とは、エリア内の受信を希望する全端末に向けて、同一のデータを、同一の周波数帯域にて送信する技術です。
  • 注2)
    MEC (Multi-access Edge Computing) とは、ユーザに近いモバイルネットワーク内でデータ処理等をする技術を指します。
  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

他の画像

配信企業情報

KDDI 株式会社東証1部
企業ダッシュボード財務情報を見る

住所

東京都千代田区飯田橋3-10-10ガーデンエアタワー MAP
上場区分 東証1部

業界