平成29年第2四半期(4月~6月)熊本県宿泊客数動向調査

2017年09月15日 

平成29年第2四半期(4月~6月)熊本県宿泊客数動向調査

最終更新日:2017年9月15日

商工観光労働部 観光物産課 TEL:096-333-2332 FAX:096-385-7077 kankoubussan@pref.kumamoto.lg.jp

  • 県内主要39ホテル・旅館について
    平成29年第2四半期(H29.4月~H29.6月)の宿泊客数動向調査の結果を取りまとめました。

    全 体:対H28年同期比 118.4%
  • (対H27年同期比 94.6%)

    ○国内客:対H28年同期比 99.6%
  • (対H27年同期比 91.8%)
    ※ 今期は、例年ベース(平成27年)に戻ってきている施設も多くなってきているが、地域により差がみられた。
  • 特に、阿蘇地域については、まだ地震前の状態に戻ってきていない。
  • 一方、復興支援関係者及び熊本市中心市街地の再開発関係者のビジネスホテル等の利用は続いている。

○海外客:対H28年同期比 259.4%

  • (対H27年同期比 103.9%)
    ※今期は、地域で差はみられるものの、例年ベース(平成27年)に戻ってきていることもあり、対H27年同期比では
  • 100%を超えたが、熊本県を除く九州では約146%(観光庁宿泊旅行統計調査)となっているため、他の九州各県
  • に比べると伸び悩んでいる。
  • また、昨年同時期に激減していた韓国からの宿泊客は、団体客を中心に戻ってきている。
  • 29年第2四半期(4月~6月熊本県宿泊客数動向調査) (PDF:276.2キロバイト)


    この企業のニュース