浦和ロイヤルパインズホテル 19階トップラウンジ 春のウイスキーフェア開催

2018年03月30日 

~本場スコットランドの希少なウイスキーを飲み比べできてウイスキー初心者の女性にもオススメ~



 全国で宿泊施設を展開するソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:井上 理、http://www.solarehotels.com )が運営する「浦和ロイヤルパインズホテル」(所在地:埼玉県さいたま市)の19階「トップラウンジ」では、4月1日より「春のウイスキーフェア」を開催いたします。

 このフェアは、これまでウイスキーに馴染みのなかった方、中でも特に女性の方を中心に、本場スコットランドのウイスキーを飲み比べて味や香りを楽しみ、まずは親しみを持っていただきたいと企画したものです。クライゲラヒ13年、ロイヤルブラックラ12年、アバフェルディ12年、ザ・デヴェロン12年、オルトモア12年、すべてシングルモルトのスコッチウイスキーである5つの銘柄のうち、3種類または5種類お好きなものを選び、飲み比べを楽しんでいただけます。また、気に入った銘柄に出会えたら、ボトルを購入しホテルで保管(キープ)*いたします。フェアは4月1日~5月31日までの期間限定です。

 ウイスキーはこれまで年配の男性が好むお酒であり、女性が飲むシーンが少なかったが、1.ウイスキーは「蒸留」の工程で糖質が除かれるため糖質がゼロ、ビールに比べてプリン体も少ないためヘルシーなお酒である。2.ボトルを空けても常温で保管ができ、賞味期限がないため経済的である 3.そのままストレートで飲む、または水やソーダで割るなど、飲み方のバリエーションが豊富であり、アルコール度数を自在に変えられる。こういった理由から、女性にもぜひおすすめしたいお酒です。(出典元:サイト「たべぷろ」より ウイスキー、カクテル、燻製の専門家 橋口孝司氏による記事)

 また、若年層が「ハイボール」を支持するようになっていることで、酒類市場としてもウイスキーは注目をされています。株式会社矢野経済研究所が2017年7月3日に発表した「酒類市場に関する調査(2017年)」のプレスリリースによると、ウイスキー市場は各社ともハイボールを軸に注力ブランドに集中した提案・訴求活動を強化しており、これまでのビールや焼酎などに代わって、食事と一緒に飲まれる食中酒としての地位を確立してきている。ウイスキーはハイボールがヒットしていることで、ハードリカーを避ける傾向にあるといわれる若年層からの支持を得ている、と言われています。

 浦和ロイヤルパインズホテルでは、これからも食を通じてさまざまな企画・商品づくりをすることで、ホテルレストランの魅力や情報を発信していく予定です。

*ボトル保管(キープ)期間は半年となります。

    浦和ロイヤルパインズホテル トップラウンジ「春のウイスキーフェア」 概要
フェア期間:2018年4月1日(日)~5月31日(木)
内容:以下5つのスコッチウイスキーの飲み比べができるフェア


料金:ボトル1本13,800円(1.~5.均一)
飲み比べセット 1.~5.のうち3銘柄 1,800円、 5銘柄 2,600円



写真左から
クライゲラヒ、ロイヤル・ブラックラ、アバフェルディ、ザ・テヴェロン、オルトモア


当フェアの予約・問い合わせ: 浦和ロイヤルパインズホテル トップラウンジ TEL: 048-827-1165
営業時間 月~土曜日 11:00A.M.~11:00P.M. (L.O.10:30P.M.)
日曜日・祝日 11:00A.M.~9:00P.M. (L.O. 8:30P.M.)

*ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ株式会社について :- “ Nationwide for all occasions”
ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ株式会社は、「ランプライトブックスホテル」、「ホテル・アンドルームス」、「ロワジール」、「ハタゴイン」、「チサン」などのブランドや「インソムニア 赤坂」、「雨庵 金沢」を有し、2018年3月現在、従業員約1,500名、ホテル数50軒、総客室数約7,474室の運営、フランチャイズ、アセットマネジメントをしているホテルグループです。http://www.solarehotels.com

報道関係者からの問い合わせ
ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ株式会社 PR担当:増井
Mail: kaori.masui@solarehotels.com TEL:03-6858-2330

この企業のニュース